他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« コアツモリソウ再び(富士山北麓) | トップページ | カマツカ(富士山北麓) »

ヤマクワガタとツマトリソウ(富士山北麓)

今日は、打ち合わせのために町中を歩きました。暑い上に湿度が高く、辛かった・・wobbly

北麓探索で一番最初に出会った花です。

【ヤマクワガタ】

K084

小さめの花ですが、接近して見ると案外綺麗な花です。

K084t

トリミングしてみました。淡い紫色が良いですね。

K337 K336_2

葉の形と茎の様子。「ヤマクワガタの茎には、開出毛がある・・」と書かれています。そっくりなクワガタソウの茎には、曲がった毛が散在するそうです。実際に比べてみると分かりやすいでしょうが・・。

ところで、開出毛って何だろう?「開出毛(かいしゅつもう):茎や葉などの面に対して直角に伸びている毛」だそうです。そう書けばいいものを、図鑑は分かり難い表現が多いですね。

【ツマトリソウ】

K079

私の探索範囲では、あまり見かけない花です。初めて出会ったのは、この場所でした。

K077

「上を向いて咲く・・」とありますが、明るい方に向かって少し傾いています。

K090

別の場所でも撮ってみました。「あれっ、なんか変だぞ!」この花は、花弁が一枚一枚分かれているのではなく、深く裂けているそうです。上は6裂、この花は7裂でした。

ツマトリソウの名の由来は?この写真では分かりませんが、裂片の先に淡い赤色のつまどりが現れる事からついた名だそうです。今度は気にして見てみよう。

« コアツモリソウ再び(富士山北麓) | トップページ | カマツカ(富士山北麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57584885

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマクワガタとツマトリソウ(富士山北麓):

« コアツモリソウ再び(富士山北麓) | トップページ | カマツカ(富士山北麓) »