他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヒカゲスミレ(丸火自然公園) | トップページ | 越前岳の植物観察② »

越前岳の植物観察①(ブナハアカゲタマフシ)

愛鷹連峰越前岳へ、コイワザクラとヒメイワカガミを見に行った時の事です。霧がかかり薄暗くなった景色の中で、ピンクの色彩が目に入りました。「何の花だろう?」

Bdsc02700a Bdsc02703

風も出て来て撮り難い・・。花だと思ったのは、葉についた虫こぶでした(コンデジで)。

B025

綺麗でしょ?

B020

図鑑で調べると「ブナハアカゲタマフシ」と呼び、タマバエの幼虫の棲み家だそうです。

B031

綿のような毛で覆われています。

山歩きは、いろいろなものに出会えて楽しいです。

« ヒカゲスミレ(丸火自然公園) | トップページ | 越前岳の植物観察② »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

よしこさん、今晩は。
虫こぶはもっと見難いイメージがあったのですが、これは綺麗ですね。
もう少し明るくて風が無いと良かったのですが・・。
ツツジのモチ病、良く見ます。
葉が膨らんで耳たぶみたいになる病気ですね。
綺麗な花だけでなく、いろいろな変化を観察するのも楽しいですね。

キレンゲショウマさん、今晩は。
夜役員会があったため、大急ぎで上って来ました。
コイワザクラは、まだ見られると思います。
ベニバナヒメイワカガミも週末くらいには咲きだすと思います。
両方見る事の出来るタイミングかも?

こんばんわ。
あら!むしこぶなんですね\(◎o◎)/!φ(..)メモメモ
花か、ボンボンのような実かなと思ってしまいますね。
近くの植え込みのツツジにむしこぶのようなものが一杯できて、中に何が入っているのか、ウチに持ち帰って見てみようかと思ったんですけど、友達がトロピカルフルーツについていたむしこぶを、食卓の上で、興味本位につついてみたら、ハエのような甲虫の小さいもののような変な虫が一杯でてきてしまい、家の中に散ってしまって困ったそうです。
なので、写真を続けてとっていたんですが、このむしこぶの記事を読んで、私も調べてみました。そうしたら、むしこぶではなくて「もち病」という病気でした。危うく菌を散らしてしまうところでした。やはり、わからないものは、つついたり触ったりしてはいけませんね。
でも、こんなに綺麗だと、触りたくなりますね。

 あら、可愛い~。
まるで雪洞のようですね。
色々見つけられて、楽しい山歩きでしたね。
久しぶりにコイワザクラを見に行きたいのですが、
間に合うかな~??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57399111

この記事へのトラックバック一覧です: 越前岳の植物観察①(ブナハアカゲタマフシ):

« ヒカゲスミレ(丸火自然公園) | トップページ | 越前岳の植物観察② »