他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 不明の洋ラン二種 | トップページ | コガネネコノメソウ(富士山南麓) »

ヤマエンゴサクいろいろ(富士山南麓)

図鑑で見るヤマエンゴサクは、青紫色のものが多いですが、フクロウの森(富士山南麓、標高約1,000m)には、ジロボウエンゴサクと似た紅紫色の花も見る事が出来ます。

E013

これは、紅紫色の花を付けるジロボウエンゴサクです。

E009

似た色のヤマエンゴサク。こうして比べると、似ているようでも違った顔をしていますね。

E181 E182

そして、ちょっと青みがかった花。

E015 E123

こちらも・・。

E138 E137

更に青の濃いタイプ。

E132 E134

もっと青い花。赤い色素が除外されたような・・。

Edsc01553

最初に登場した花と別種のようでしょ?

Edsc01530

こちらには、白っぽい花も・・。

天狗の花のような距を持つ、変わった形の花ですね。

« 不明の洋ラン二種 | トップページ | コガネネコノメソウ(富士山南麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

ロココさん、お早うございます。
ヤマエンゴサクとジロボウエンゴサクは、花柄の付け根の葉で区別するそうです。
それと、こうして花を並べてみると、ジロボウの方が顔の部分が小さいです。
ミチノクエンゴサク、いつかは見てみたいです。
明日から待ちにに待った連休です。
野山の植物と一緒に、畑の雑草も私を待っています。
どちらを選ぶか思案中です。

こんばんは
エンゴサクの仲間は皆似ていて・・・私には区別ができません。
妙高にはヤマエンゴサクとミチノクエンゴサクが沢山ありますが・・・
どれがどれやら・・・・葉も花も変異が有りすぎcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57235162

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマエンゴサクいろいろ(富士山南麓):

« 不明の洋ラン二種 | トップページ | コガネネコノメソウ(富士山南麓) »