他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 葉いろいろ(天子山塊の麓) | トップページ | 週末に出会ったスミレ① »

ベニバナヤマシャクヤクの自生地

土曜日の午前中、ベニバナヤマシャクヤクの芽出しの様子を見に行って来ました。フクロウの森では、ヤマシャクヤク(白花)が伸びて来ました。果たしてベニバナはどうだろう?

【ヤマシャクヤク】

Mdsc01305

まだ緑の殆ど無い林床に、いち早く伸びていたのは赤い姿のヤマシャクヤクです。これから葉が展開するに連れて、緑色になって来ると思います。

M002

こちらにも・・。そして、更に奥へ進みました。

【ベニバナヤマシャクヤク】

M025 M050_2

昨年確認した場所に、枯れた茎が残っていました。

M044 M046

これは、朔果の殻です。昨年の秋、果実の様子を観察に来たかったのですが、時間が取れませんでした。

M032

茎の根元に目を向けると、赤い芽が見えています。また出会えてとても嬉しい!

ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤクの開花時期には、一月以上の差があります(昨年学びました)。この芽出しの差が、開花時期の差となっているようです。この日の目的は、この事の確認とGPSへの位置データーの登録でした。

【実生のヤマシャクヤク】

Mdsc06243

この赤いマッチ棒のようなものは何だろう?しばらく経ってから見ると・・。

M292 M291

「あっ、ヤマシャクヤクだ!」三つ葉は、今回発芽かな?右は、昨年か一昨年発芽したものだと思います。

M289

サザンカの株元には、もっと生えていました。昨年気がつかなかったから、今年の発芽かな?

これらの苗が、開花するまでには5年以上かかるそうです。何本残るか分かりませんが、花を見るまで身体を気遣い生きなければ・・wink

【お断り】山野の株を採取する事は致しません。希少な植物の写真を撮り(観察をして)歩いていると、そういう事は出来ないのです。厳密に言えば、種の採取もいけない事だと思いますが、まぁ大目に見てくださいcoldsweats01

M006

これはモチノキ科のソヨゴではありませんか(間違っていたら教えてください)?この地の情報をくださった方から教わりました。偶然この地で見かけ、その名を思い出しました。お元気だろうか?一度お会いしたいと思っているのですが・・。

« 葉いろいろ(天子山塊の麓) | トップページ | 週末に出会ったスミレ① »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57167232

この記事へのトラックバック一覧です: ベニバナヤマシャクヤクの自生地:

« 葉いろいろ(天子山塊の麓) | トップページ | 週末に出会ったスミレ① »