他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ベニバナヤマシャクヤクの自生地 | トップページ | 週末に出会ったスミレ② »

週末に出会ったスミレ①

スミレの名前は、図鑑を見ても良く分かりません。口癖のようで恐縮ですが・・。

S003

落ち葉の中から顔を出して咲いているのは、ヒナスミレかな?

S019 S038

花の形もいろいろ。

S039

右側を接写してみました。側弁の基部に毛があります。この毛が無いものもあるとか・・。ますます分からなくなって来ます。

S090 S094

斑入りヒナスミレ?花がやせているけど・・。

S107 S108

これは花形が違う。

S114 S121

エイザンスミレは、まだ咲いていないと思っていると・・。帰り道で見つけました。

S119

側弁に毛があり、基部に黄色の色素があります。

Sdsc01308 Sdsc01312

この二つ、花は似ているけど葉が違います。左はタチツボスミレで、右はヒナスミレ?

この記事の写真で種類が分かる方、教えてください。まぁ、タチツボスミレ以外は「ミヤマスミレ類」という事で・・coldsweats01

« ベニバナヤマシャクヤクの自生地 | トップページ | 週末に出会ったスミレ② »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

さむさん、今晩は。
ヒナスミレ、有難うございます。
エイザンスミレは、時々幅広の葉を見かける事があります。
この株は、三分岐していましたのでエイザンスミレとしました。
スミレは本当に難しいです。
また教えてください。

やまぶどうさん こんばんは

下のタチツボスミレとエイザンスミレ以外は、みなヒナスミレです。
ふが入っているのはフイリヒナスミレでしょう。

えいざんすみれの葉っぱはヒゴスミレっぽいですが、
花弁のびらびらした感じはエイザンスミレっぽいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57174188

この記事へのトラックバック一覧です: 週末に出会ったスミレ①:

« ベニバナヤマシャクヤクの自生地 | トップページ | 週末に出会ったスミレ② »