他のブログ・HP

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« カタクリの花(富士根北中南側)② | トップページ | 丸火自然公園のスミレ »

カタクリの葉(富士根北中南側)

この記事では、カタクリの葉を観察してみました。

H009

前記事の落ちていた花の主。このように、二枚葉になって初めて、花が咲くそうです。小さな一枚葉との大きさを比べて見てください。

H008 H001

こちらは模様(斑)の無い葉です。年月が経つに連れて、斑が入ると聞きました。

H023 H025

ちょっと見難いですが、このネギのようなものが、発芽一年目のカタクリだそうです。

H036

先端に種の付いた苗が見つかりました。そういえば、果実を見た事がない・・今年見に行こう!

H048 H060

別のカメラで撮った一年生と二年生以上の苗。

H027 H041

落ち葉と比べても、その小ささが分かると思います。右は、この林で見つけたシュンランです。

カタクリは、発芽してから開花するまで7~8年の歳月がかかるそうです。盗掘は止めてください!!

« カタクリの花(富士根北中南側)② | トップページ | 丸火自然公園のスミレ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57019774

この記事へのトラックバック一覧です: カタクリの葉(富士根北中南側):

« カタクリの花(富士根北中南側)② | トップページ | 丸火自然公園のスミレ »