他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 海辺の植物観察 | トップページ | 田子の浦港から見た富士山 »

松林の植物観察

海岸沿いの植物観察の次は、松林の中を歩いてみました。

Ca001

強風にカメラが煽られて、ピンボケしてしまいました(風のせいですbleah)。

Ca061 Ca063

普段歩く事の無い松林の様子です。防潮林と呼べばいいのかな?所々に設けられたベンチで、休憩している人を見かけました。

Ca058 Ca356

遠くから見て何だろうと近づくと、シダの仲間のヒトツバでした。以前行った三保の海岸では、松に着生しているヒトツバを沢山見かけました。

Ca357

ヒトツバは、ノキシノブなどと同じくウラボシ科だそうです。

Ca358 Ca347

松の木に着生していたシダとマツボックリ。マツボックリの横に写っている植物は?

Ca338

我が家の石垣にも似た植物が生えていました。これは何でしょう?ご存知の方教えてください。

大唐米(タイトゴメ)と教えて頂きました。ベンケイソウ科キリンソウ属だそうです。別の写真では、紅葉したような赤い葉が見えました。5~7月の花期にまた行ってみたいと思っています。

さむさん、有難うございました。

Ca339 Ca352

左はスズメノヤリかな?右は何でしょう?

右は、ノボロギクのようです。キク科キオン属。ヨーロッパ原産の一年草と書かれていました。花期は、ほぼ通年・・この株は何月頃発芽したのでしょう?

さむさん、有難うございました。

Ca355

あれっ?この特徴ある葉は見た事がある。でも、名前が分かりません。

Ca342 Ca345

これは何でしょう?

分からない植物ばかりです。また後で図鑑と睨めっこしてみます。

« 海辺の植物観察 | トップページ | 田子の浦港から見た富士山 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

さむさん、お早うございます。
ヒメスイバ、有難うございます。
見覚えのある葉でしたが、名前が分かりませんでした。
少しずつ覚えて行きたいと思います。

やまぶどうさん お返事ありがとうございます

またよろしくお願いします。
葉っぱの写真は帰化植物のヒメスイバのロゼット葉に見えます。

さむさん、今晩は。
コメント有難うございます。
大唐米とノボロギク、図鑑とWebで調べてみました。
助かります。
また教えてください。

やまぶどうさん こんばんは

松ぼっくりの横の植物は、ベンケイソウ科のタイトウゴメではないでしょうか。
スズメノヤリの横の植物は帰化植物のノボロギクのような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/56766034

この記事へのトラックバック一覧です: 松林の植物観察:

« 海辺の植物観察 | トップページ | 田子の浦港から見た富士山 »