他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« スギラン(富士山南麓) | トップページ | 落葉広葉樹林の探索 »

ヤドリギ(富士山南麓)

樹木の葉が落ちたこの季節には、ヤドリギが目に付きます。

Y037 Y030

大ケヤキの枝に塊のようなものが見えました。ズームして見るとヤドリギが生えていました。

Y041

前記事のスギランのように着生しているというよりは幹から生えています。エイリアンのような奴ですね。

Y069 Y067

緑を帯びた丸い塊は殆どヤドリギです。

Y042

ピンボケ気味ですけど蕾のようなものが見えます。

Y054 Y056

こちらはまだ若木のようです。

Y051 Y053

大きな塊・・なんか樹が可愛そうですね。

Y101 Y039

果実の生っているものもありました。左は黄色系の果実、右は橙色系の果実が生っています。

Y045

橙色系の果実を拡大してみました。これらが野鳥に食べられて、彼方此方の木に移るようです。この林内には、かなり多くのヤドリギが確認出来ました。樹木のために退治した方が良いと思います。結構危機的な状態なのかも?

« スギラン(富士山南麓) | トップページ | 落葉広葉樹林の探索 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

オコジョさん、今晩は。
以前、台風で落ちたヤドリギの枝を拾って来た事があります。
果実が粘性の強い液で覆われたような感じでした。
葉や節も何となく不気味な感じがしました。

この林には、とても多く見受けられました。
果実を食べる野鳥が多いのかもしれませんね。

初冬から撮影したヤドリギの写真があるのですが、アップをしそこなっていました。
私もアップしようかなと・・・

ヤドリギは昔は悪者扱いでしたね。
ヤドリギの実や葉を冬の大切な食料にする生き物がいるそうです。
生態系に組み入れられていて、ヤドリギの多いところは生態系が豊かとか・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/56859619

この記事へのトラックバック一覧です: ヤドリギ(富士山南麓):

« スギラン(富士山南麓) | トップページ | 落葉広葉樹林の探索 »