他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 信長公の首塚(芝川西山本門寺) | トップページ | 植物観察①(西山本門寺) »

大イチョウ(芝川西山本門寺)

本堂の前に、とても大きなイチョウが植えられていました。紅葉の季節に見たかった・・。

Wdsc05085 Wdsc05143

方向を変えて撮ってみました。二本並んで仲良しですねhappy01。ところで、イチョウを漢字で書くと「銀杏」で、ギンナンも漢字で書くと「銀杏」になります。紛らわしいですね

Wdsc05144 Wdsc05187

西側(左)と東側(右)から・・。太い幹のイチョウです。まるで誰かの足のようです。

Wdsc05088

この二本でどのくらいの落ち葉になるだろう?掃除が大変ですね。彼方此方に箒が立て掛けられていました。

Wdsc05095 Wdsc05094

名前は「イチョウA」「イチョウB」だそうです。太郎と花子なんかどうでしょう?両方共、樹齢約300年と書かれていました。

Wdsc05092

上の枝も元気そうです。

Wdsc05097

ズームして見ると、イチョウBにギンナンが生っていました。イチョウAがオスで、イチョウBがメスのようです。夫婦イチョウなんて名前はどうでしょう?

W017 W018

地面に落ちていたギンナン(果実)と葉。イチョウは、実生発芽率の良い植物だと思います。以前、果実を埋めて置いたら殆ど発芽しました。鉢に植え替えて寄せ植えにしてあります。

Wdsc05139

A,Bとは別の木ですが、蘖(←ひこばえ:難しい漢字ですね)がすごい!イチョウの樹の強さを物語っています。

« 信長公の首塚(芝川西山本門寺) | トップページ | 植物観察①(西山本門寺) »

史跡探訪」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/56520417

この記事へのトラックバック一覧です: 大イチョウ(芝川西山本門寺):

« 信長公の首塚(芝川西山本門寺) | トップページ | 植物観察①(西山本門寺) »