他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 2012年の思い出(植物編②) | トップページ | 2012年の思い出(野生ラン①) »

2012年の思い出(植物編③)

今年の前半、一番感激したのは、何といってもベニバナヤマシャクヤクとの出会いです。

【ヤマシャクヤク】

富士山西臼塚周辺。

(5月上旬撮影)

Wimg_9021

ヤマシャクヤク(白花)の蕾。

(5月26日撮影)

Wdsc04122w

ここは花付きの良い場所でした。

Wdsc04128

果実(雌しべの花柱)3個。

W062w

果実4個。

Wdsc04132w

果実5個。

Wdsc04127w

横顔。花弁のふんわり感が何とも言えません。

【ベニバナヤマシャクヤク】

富士山麓某所。

(6月3日撮影)

W031b

ヤマシャクヤク(白花)の花が終わり、このように果実が顔を覗かせた頃・・。

W088bb

スラッとした株に・・。

W055bb

こんな、とんがりボウシを被った蕾が付いていました(希に、白花でもこのように萼片の先端に、葉がついたものがありますが・・)。

W053bb

葉裏には、私が今まで確認したヤマシャクヤクには無い、毛が生えていました。ただ、この場所でも毛の生えていない紅花もありました。この特徴は、必ずとは言えないようです。

(6月10日撮影)

W002bb

まだ萼片に覆われた蕾もありましたが、一部紅色の花弁が顔を覗かせていました。萼片の先端の葉も、初回よりかなり成長していました。

(6月17日撮影)

Wdsc05161

W062bb

そして、ついに萼片の外れた花を確認する事が出来ました。

W113bb

Wdsc05191bb

発見した中で、一番最初に咲いた花。感激の対面でした。

W185bb

図鑑や諸先輩のWebページで「花柱は5個で、先が強く巻き込む」と書かれています。でも、白花にも5個のものがあるし(上の写真参照)、この紅花は3個でした。

W161

「強く巻き込む花柱の先端」も確認出来ました。

どうも、ベニバナヤマシャクヤクの同定は、花弁の色ではなくこの部分でするのが正しいようです。ブログをご訪問頂いた方から教わった、某大学の研究資料の中に、ヤマシャクヤク(白花)の変異種で、紅花や紅色の縁取りのある花が載っていました。

三週に渡る観察で、図鑑には書かれていない、いろいろな事を学びました。そして、この地の情報を下さった方に、重ねて感謝致します。有難うございました。

« 2012年の思い出(植物編②) | トップページ | 2012年の思い出(野生ラン①) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/56433319

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の思い出(植物編③):

« 2012年の思い出(植物編②) | トップページ | 2012年の思い出(野生ラン①) »