他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 2012年の思い出(植物編③) | トップページ | 2012年の思い出(野生ラン②) »

2012年の思い出(野生ラン①)

いろいろな植物との(初めての)出会いは、ワクワク・ドキドキするものです。中でも野生ランは、その感動が更に大きなものとなります。発芽や生育条件の難しいものが多く、一ヶ所に生えている株数が少ないからです。

【コハクラン】

Ydsc00329

Ydsc00322

初めての出会いは、この果実をつけた株でした。特徴ある葉から「もしや?」と思っていたのですが、コハクランだと教えて頂き感激しました。その日は、空模様が怪しくなったため、ここで下山しました。

そして、再び亜高山帯の針葉樹林を訪れ探索をしました。そして、私の予想をはるかに超える株を確認する事が出来ました。

Ydsc00992

Ydsc02004

主脈の白色が目立っています。綺麗な葉ですね。

Ydsc01105

果実をつけた株を発見。かなり薄暗い場所でした。

下界で見るサイハイランに似た感じの植物なので、もしかしたら「二枚葉があるかも?」と思って探索すると・・。

Ydsc02002

Ydsc01999

見つかりました。二枚葉のコハクランです。稀な野生ランの更に稀な個体です。来年は、花に会いたい!

私の見間違いでなければ、現在Webで入手出来る静岡県版RDBには、コハクランは掲載されておりません(情報不足と要注目種のリストにも)。保護方針及び対応で「個体数を減少させる影響及び要因は、最大限の努力を持って排除する」に該当すると思うのですが・・。

【アリドオシラン】

この野生ランも初めて出会いました。

(第一の場所)

Ydsc09465

Ydsc08453

とっても小さな葉です。葉だけでは、気付く事は無かったでしょう。

Ydsc09446

この株だけ一茎二花でした。

Ydsc09450

とっても小さな花ですが、唇弁があってランの花形をしています。

そして更に進むと・・。

(第二の場所)

Ydsc08362

前記とは違い、斑の目立つ葉が見つかりました。これも珍しいのでは?

Ydsc08384

Ydsc08371

白い蕾を持っていた時期だから、見つかったのだと思います。

Y174

Y159

白い花を撮るのは難しい・・。

そして、この野生ランも初めてです。

【アオチドリ】

Ydsc05924

最初は野生ランだと気付かず、見慣れない植物だと思って近づきました。

Y104

この場所には、一株だけ生えていました。

« 2012年の思い出(植物編③) | トップページ | 2012年の思い出(野生ラン②) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/56440577

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の思い出(野生ラン①):

« 2012年の思い出(植物編③) | トップページ | 2012年の思い出(野生ラン②) »