他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« アジサイ科三種(愛鷹林道) | トップページ | コケ・シダ②(愛鷹林道) »

コケ・シダ①(愛鷹林道)

湿り気のある林道沿いの土手には、いろいろなコケやシダが生えていました。

【トウゲシバ】

ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属。シダ植物。

W022

胞子嚢がついていました。

W019

接近。

W025

更に接近。同じく、ヒカゲノカズラ科のスギランと似た感じに、胞子嚢が付いています。

【ヒカゲノカズラ】

ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属。シダ植物。

W028

W095

太古の植物のような感じですね。昔、金魚の産卵用に、池に入れた覚えがあります。

Wdsc04275

胞子膿穂を見つけました。

Gdsc04275

久々に、画家Phoshopに描いてもらいました。あっという間に描くところが凄い!

Wdsc04276

こちらは古い胞子嚢です。幼い頃飲まされたカイニンソウ(海人草)を思い出します。歳が分かってしまいますね。

ところで、ヒカゲノカズラと入力して漢字変換すると、「石松」と出てきます。胞子を石松子(セキショウシ)と呼び、リンゴなどの人工受粉用の花粉の増量剤として使うそうです。

【ヒノキゴケ】

ヒノキゴケ科。

W196

綺麗で、触った感触も良いので、お気に入りのコケです。

【???】

W010

このコケも手触りが良いです。名前は、分かりません・・。

コケやシダもキノコ類と同じで、とっても難しいです。

« アジサイ科三種(愛鷹林道) | トップページ | コケ・シダ②(愛鷹林道) »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/56326228

この記事へのトラックバック一覧です: コケ・シダ①(愛鷹林道):

« アジサイ科三種(愛鷹林道) | トップページ | コケ・シダ②(愛鷹林道) »