他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 家の周りの植物② | トップページ | チロリアンランプ(浮釣木) »

クロヤツシロランの果実(種)

我が家のスギ林に生えるクロヤツシロラン。毎朝、萌と散歩に行って様子を見ています。花を探した時は、少ししか見つからず、年々少なくなっていると思ったら、沢山の果実が顔を覗かせて来ました。

Wdsc04457

Wdsc04463

花の時は、堆積した杉の葉などに隠れていましたが、結実するとこのように伸びて来ます。緑色の葉は、クロヤツシロランのものではなく冬イチゴです。クロヤツシロランは、葉を持たない腐生植物です。

Wdsc04474

莢が割れて白い粉のような種が見えています。

Wdsc04489

こちらは二本立てです(10月28日撮影)。

Wdsc04658

莢が割れて来ました(11月2日撮影)。

Wdsc04498

こんなに伸びて来ます。30cm近いものもありました。

Wdsc04499

既に、種は飛散してしまったようです(10月28日撮影)。

Wdsc04652

Wdsc04657

最後には、こんな雪洞のような形になります(11月2日撮影)。

Wdsc04483

朽木の傍に種を蒔いて見ました。

花の様子はこちらで見てください。

http://asitaka-yamabudou.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-e4ba.html

栽培が困難とされている腐生ランの花を咲かせた方がいます。世の中には、凄い方が居るものですね。

http://mame.de-blog.jp/mamede/2012/06/post_1999.html

« 家の周りの植物② | トップページ | チロリアンランプ(浮釣木) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

カラスの権兵衛さん、今晩は。
コメント有難うございます。
写真は、種の様子が分かるように撮りました。
この後、土の中に埋めました。
他にも何ヶ所か蒔いてみましたが、その後を確認をしておりません。
共生菌が逃げた跡・・HPを拝見して勉強させて頂きます。
また教えてください。

あはよう御座います 年寄は眠れないのが特技で困ってます。
この時期腐生ランとは気でも狂ったのかと云われそうですが。
どうでしょうか、その後何か謎解きしましたか。
今時、何故らん展なのでしょうか。好きでないので行きませんがです。
布団の中で世界らん展中です(笑)。ご笑蘭下さい。

追件、この蒔き方は、ん?ですね~。共生菌が逃げた跡ですから。
でも自然にはしっかり貢献してると思いますです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/56036928

この記事へのトラックバック一覧です: クロヤツシロランの果実(種):

« 家の周りの植物② | トップページ | チロリアンランプ(浮釣木) »