他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« クロヤツシロランの果実(種) | トップページ | 電気柵の被害 »

チロリアンランプ(浮釣木)

今日は良い天気でした。萌の散歩が終り、富士山を見ると、また「オイデオイデ」をしていました。ところが、町内の役員会と、鹿に荒らされた電気柵の修理をしなくてはなりません。仕方なく、富士山は趣味の野菜畑から眺める事にしましたweep

W075

家の前庭に、チロリアンランプを植えてあります。原産地は、ブラジル、熱帯~亜熱帯地方で、非耐寒性常緑低木と書かれています。

ところが、年数回とはいえ雪も降る我が家で、屋外地植えで何年も冬越ししています。順応性の高い植物です。

W079

赤い袋のような萼から、黄色い花弁が姿を現します。

W080

更に、オシベとメシベが飛び出してきます。面白い花でしょ?

W080t

花の先端部を拡大。

W081

この写真で、花の変化が良く分かります。

この植物は、一年中花を咲かせています。それに、長年咲き続けてくれる植物は、どんな花でも愛おしいものです。

そして不思議な事に、萌がこの葉を好んで食べます。独特の匂いがするのか、別の場所でも直ぐに見つけて食べに行きます。この仲間のアブチロンは、家畜の下痢止めに効果があるとか?萌にとっては、胃腸薬の代わりなのかな?

« クロヤツシロランの果実(種) | トップページ | 電気柵の被害 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

tomokoさん、お早うございます。
この植物は、父親が何処からか買って来ました。
その頃は、ローカル新聞で取り上げられるくらい貴重だったようです。
鉢植えから地植えにした所、カーポートの生け垣になるまで繁殖しています。
一年中咲くのが良いですね。
冬に暖色の花は、有難いです。

おはおうございます!
チロリアンランプ、我が家にもありますよ~~
戴いてから何年にもなりますが、最初の頃は場所が気に入ってもらえなくて
なかなか生育が芳しくなかったものの、今の場所に移してから元気になりました。
これからの花の少ない時期に貴重な存在です。
この赤い色がとても可愛いですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/56042239

この記事へのトラックバック一覧です: チロリアンランプ(浮釣木):

« クロヤツシロランの果実(種) | トップページ | 電気柵の被害 »