他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« コイチヨウランとイチヨウラン(富士山) | トップページ | 亜高山帯の紅葉① »

イチヤクソウの果実

針葉樹林内に生える、イチヤクソウの果実を観察してみました。

【コバノイチヤクソウ】

Wdsc02076

標高差に対して、比較的広い範囲に生えている(と思います)コバノイチヤクソウ。

Wdsc02135

なかなか果実が見つからず、やっとあったと思ったら大きな根っこの下でした。

【コイチヤクソウ】

Wdsc02077

今年は、この花を見逃してしまいました。コバノイチヤクソウと似た名前・・イチヨウランとコイチヨウランもそうですが、紛らわしい名前を付けたものですね。

Wdsc02144

こちらも、果実の付いている株をやっと見つけました。一方に偏って果実が付いています。

Wdsc02143

数珠生り・・と言った感じですね。

Wdsc02150

薄暗くても撮り難いですが、明るすぎても撮り難い・・。

【ジンヨウイチヤクソウ】

Wdsc02080

斑の入ったこの丸い葉を気に入っています。

Wdsc02121

これは?瓢箪のような葉が幾つか見えるけど・・。

Wdsc02230

この株は、花茎が付いているけど結実しなかったようです。

Wdsc02122

実のいった果実。

Wdsc02237

まだ緑色の果実もありました。苔と同色で、分かり難い写真になってしまいましたcoldsweats01

Wdsc02238

W074

イチヤクソウの果実も面白いですね。

イチヤクソウの仲間(科)には、腐生植物のギンリョウソウやシャクジョウソウも含まれます。イチヤクソウには緑葉がありますが、他の植物の根から養分をもらっていて、腐生植物の性質も併せ持っているそうです。

【友情出演のマルバノイチヤクソウ】

8月下旬に、釈迦ヶ岳へ登る道で撮ったマルバノイチヤクソウです。登場の機会が無かったので・・。

Wdsc00005

イチヤクソウの葉を丸くしたような感じです。

Wdsc00025

こちらは針葉樹林ではなく、広葉樹の林に生えていました。

Wdsc00026

接写してみました。

« コイチヨウランとイチヨウラン(富士山) | トップページ | 亜高山帯の紅葉① »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55914468

この記事へのトラックバック一覧です: イチヤクソウの果実:

« コイチヨウランとイチヨウラン(富士山) | トップページ | 亜高山帯の紅葉① »