他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 亜高山帯の紅葉② | トップページ | 十里木高原の植物② »

十里木高原の植物①

そろそろ、イトヤマラッキョウの花が見られるだろうと思い、裾野市の十里木高原に行ってみました(10月14日撮影)。

Wdsc02381

まだ蕾の株もあります。

Wdsc02408

咲き始め・・。

Wdsc02413

探して見ると、あちこちに咲いていました。

W150

トリミングしてみました。ヤマラッキョウは、食用にもなるとか?

そして、昔を思い出す嬉しい出会いがありました。

W148

マツムシソウの花です。私が幼い頃は、家の近くでも見られたのですが、スギやヒノキの成長と共に林道脇の草むらから姿を消してしまいました。

Wdsc02385

更に接近。

W149

花の散った後の姿です。

Wdsc02417

これは何の果実だろう?

Wdsc02417t

オナモミにも負けない鋭い鉤付きの棘があります。

Wdsc02423

葉を見るとダイコンソウのようです。でも普段見るものよりかなり大きい・・。オオダイコンソウかな?

« 亜高山帯の紅葉② | トップページ | 十里木高原の植物② »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今日は。
昔は彼方此方で見る事が出来たのですが、最近では稀にしか見る事が出来ません。
私の住む地域で考えると、絶滅危惧種です。
放置されたスギやヒノキの林は、広葉樹の林に変わった方がいろいろ良い事があるような気がします。
行政や関係機関は、たぶん動く事はないでしょうが、出来ればそういう指導と助成をしてほしいと思っています。
我が家の山林は、雑木に変えようかと思っています。
木材を売っても、切り出し費が勝ってしまうと思うので・・。

こんばんは。
今月上旬に近所の人から、マツムシソウの苗を頂きました。
「マツムシソウ」と聞いた時は、どんな花なのかピンとこなかったのですが
「スカビオサ」と聞いてやっと思い出しました。
宿根草と思っていたら、2年草だとその時に教えて貰いました。

オオダイコンソウ(?)の種も面白い形をしていますね。
 触ると痛そう(><)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55930014

この記事へのトラックバック一覧です: 十里木高原の植物①:

« 亜高山帯の紅葉② | トップページ | 十里木高原の植物② »