他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 十里木高原の植物① | トップページ | 十里木高原の植物③ »

十里木高原の植物②

今日は、富士山南面の樹木調査に参加させていただきました。疲れましたが、自分一人では、入る事の無いであろう場所でしたから、とても興味深かったです。

十里木高原の植物・・リンドウ科のセンブリとリンドウの観察です。

【センブリ】

Wdsc02425

幼い頃は、お腹が痛いというとセンブリのせんじ薬を飲まされました。とても苦い薬ですが、良く効きました。

Wdsc02427

小さな株です。以前、実生に挑戦した事があります。沢山の種を蒔いても、ほんの少ししか発芽しませんでした。発芽条件の難しい植物のようです。

Wdsc02376

W143

ホウキのように沢山咲いている株もあります。二年生だそうですが、上との差が一年分かな?

【リンドウ】

Wdsc02370

蕾の様子。茎の頂部に幾つかの花が付きます。

Wdsc02369

横顔。

W156

上から・・。亜高山帯の草むらで見られるオヤマリンドウは、先端部(花冠裂片と呼ぶそうです)があまり開きません。

Wdsc02418

色の濃いものもあります。リンドウも、民間薬として使われていたそうですが、私の住む地域では使われていなかったようです。

« 十里木高原の植物① | トップページ | 十里木高原の植物③ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55935915

この記事へのトラックバック一覧です: 十里木高原の植物②:

« 十里木高原の植物① | トップページ | 十里木高原の植物③ »