他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« マイズルソウの果実 | トップページ | コイチヨウランとイチヨウラン(富士山) »

二枚葉のコハクラン

少し前に見つけたコハクランの探索範囲を広げてみました。

W008

葉がまだ緑色のままですから、地上部が枯れないで越冬するようです(違っていたら教えてください)。

Wdsc02004

コハクランの解説に「狭披針形の縦縞のある葉が一枚・・」と書かれています。下界に生えるサイハイランも通常は一枚葉ですが、稀に二枚葉を見る事があります。コハクランも二枚葉があるのかも?

Wdsc01994

このように、まとまって生えている場所もあります。

Wdsc01991

あっ、二枚葉かな?

W004

良く見ると、二つの葉が向かい合わせで生えていました。残念・・。

更に探索を続けました。そしてついに発見!!

Wdsc02002

二枚葉のコハクランです。

Wdsc01999

株元を拡大して見ると間違いなく二枚葉です。

果実(実)を付けた不明の植物が、コハクランだと教えて頂き、併せて今回が3度目の探索です。この日も別の場所で20株くらい確認出来ました。総数は、私の当初の予想を遥かに越えています。

でも、この探索を通じてある疑問が残りました。見つけた株数の割に、開花株が少ない事です。花茎或いは果実を付けた株は、僅か4本でした。開花すると翌年は咲かないとも聞きました。研究者に伺ったところ、休眠性の高いランなので、咲かない事もあれば続けて咲く事もあるそうです。

「果たして、花と出会う事が出来るのだろうか?」その答えは来年の探索で出ます。あ~待ち遠しい!

« マイズルソウの果実 | トップページ | コイチヨウランとイチヨウラン(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55901841

この記事へのトラックバック一覧です: 二枚葉のコハクラン:

« マイズルソウの果実 | トップページ | コイチヨウランとイチヨウラン(富士山) »