他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 釈迦ヶ岳③ | トップページ | 富士宮口登山道の混雑 »

コハクラン

今日は、シテンクモキリの種を確認したくて、亜高山帯へ行って来ました。最初は、登山道を歩いていたご夫婦と、ご一緒させていただきました。このところ独り歩きが多かったので、とても楽しかったです。途中でお別れをして、今迄入った事の無い針葉樹林内に入りました。

Wdsc00354

ここも倒木が多く、荒れていました。でも、久々に味わう針葉樹の香りが心地よかったです。

Wdsc00318

コケが多い場所で、カニコウモリの花が目に付きました。そして、咲き残りのコバノイチヤクソウの花を撮りました。するとその横に・・。

Wdsc00332

見慣れない植物が生えていました(中央付近の白い葉のところ)。

Wdsc00329

果実(実)が生っていました。

Wdsc00322

エビネやシラン等の実を想像させます。

Wdsc00324

シュロのような一枚葉・・以前聞いた特徴が、脳裏に浮かびます。まさか、これは?!

Wdsc00334

反対からも・・。

こういう暗いところの苦手な、EOS+マクロレンズでも撮ってみました。

W114

何とか見られるのがこの一枚だけ・・。

W112

ストロボを発光。反射してしまいました。

W127

葉の接写。サイハイランの葉にも似た感じです。

「狭披針形で縦縞があり、主脈は白い・・」Web図鑑に書かれた、この特徴と合っています。もしかしたら、この植物はコハクランではないでしょうか?ご存知の方教えてください。→コハクランだそうです。Kさん、Yさん有難うございました。

【コハクラン】平成24年版環境省第4次レッドリスト:滅危惧ⅠA類(CR)・・ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種。都道府県別分布状況では、山梨県と長野県のみ生育となっていました。

Wdsc00337

更にそこから数メートル離れた所には、今年幾度か出会ったイチヨウランの葉が10枚ほど確認出来ました。そしてこの場所は、ある目印になるものがあり、次回探索でも迷う事はないと思います。

林内に入って、僅か15分後の出会いでした。山の神様、今日も有難う!

※コハクランと教えて頂き、タイトルを変更しました。

« 釈迦ヶ岳③ | トップページ | 富士宮口登山道の混雑 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55556111

この記事へのトラックバック一覧です: コハクラン:

« 釈迦ヶ岳③ | トップページ | 富士宮口登山道の混雑 »