他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 須山御胎内① | トップページ | 須山口登山道探索① »

須山御胎内②

一週間はあっという間に過ぎて行きます。明日はまた休日出勤。でも、先週末に比べたらずっと気楽です。

Ph_dsc07929

溶岩洞窟はまだ続いています。向こうに、小さな祠が見えて来ました。

Ph_dsc07930

反対側から見た洞窟の様子。

Ph_dsc07931

小さな祠に参拝して、更に進むと・・。

Ph_dsc07933

鳥居と「須山口御胎内」の説明書きが見えて来ました。

Ph_dsc07946

これには、蝋燭とライターが入っています。溶岩洞窟の中に安置されている御神体を参拝するために「富士山須山口登山歩道保存会」が用意してくれたもののようです。有難いですね。お賽銭を入れて拝借しました。

Ph_dsc07943

鳥居をくぐり、洞窟へ・・。

Ph_dsc07945

内部の様子。

Ph_dsc07939

中央左手に安置されている御神体。三皇子を抱えられた木花咲耶姫の石像です。

Ph_dsc07941

溶岩洞窟の一番奥。この手前に、退出用の梯子が掛かっています。

Ph_dsc07942

数年振りにお参りをして、御胎内を後にしました。ご利益?登山の無事と安産ですね。

そしてこの日は、珍しい植物との出会いというご利益もありました。

« 須山御胎内① | トップページ | 須山口登山道探索① »

史跡探訪」カテゴリの記事

地域文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55346083

この記事へのトラックバック一覧です: 須山御胎内②:

« 須山御胎内① | トップページ | 須山口登山道探索① »