2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ミヤマフタバラン②(御殿庭) | トップページ | ツレサギソウ属の花② »

2012年8月 9日 (木)

ツレサギソウ属の花①

今週末は、天気が悪そうですね。休日を楽しみにしているのに・・。

キソチドリ等の野生ラン・・ツレサギソウ属。私は、この仲間の区別が良く分かりません。須山口登山道周辺の亜高山帯で見つけた、ツレサギソウ属と思われる野生ランを集めてみました。

Ph_dsc08175

自然の盆景を眺めていると・・。

Ph_dsc08476

足元に、野生ランらしき植物が生えていました。

Ph_dsc08180

Ph_dsc08479

まだ蕾ですが、沢山付いています。

Ph_dsc08182

この手の野生ランは、周りの緑に同化して見つけ難い植物です。

Ph_045

マクロレンズで・・。

Ph_046

こんな葉でした。

距が長い。私の図鑑に載っている野生ランでは、ホソバノキソチドリとコバノトンボソウの花に似ています。コバノトンボソウの「距は細長くて後ろへ跳ね上がる」とあります。跳ね上がっていません。図鑑に載っているホソバノキソチドリの葉とも違うような気がしますが・・。

この野生ランは何でしょう?ご存知の方教えてください。

(友情出演)

少し離れた針葉樹の下には、ヒメムヨウランと思われる植物が生えていました。

Ph_dsc08353

Ph_dsc08357

針葉樹の根元が好きなようです。結実率も良いですね。

« ミヤマフタバラン②(御殿庭) | トップページ | ツレサギソウ属の花② »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツレサギソウ属の花①:

« ミヤマフタバラン②(御殿庭) | トップページ | ツレサギソウ属の花② »