他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 不明の植物②-2(笛吹市芦川町) | トップページ | すずらん群生地の植物① »

フシグロセンノウ(笛吹市芦川町)

私が幼い頃には、近くの林の中にも咲いていた花です。スズランの里にレンゲショウマが咲く頃、この花も訪れた人の目を楽しませてくれます。

Wdsc09846

朱赤色の花は、草原の中で一際目立っていました。

W008

日照の少ない所では、花の色も褪めているようです。

W037

良く観察すると、花弁の形が色々です。

W043

こちらは、先端部が丸みを帯びています。虫が蜜を吸いにやって来ました。

W047

W038

「花の基部に、二個ずつの鱗片がある」・・中央の小さな濃いオレンジ色の部分を指します。

Ph_dsc09893

カメラが違うと花色も違って見えます。これは少し赤過ぎ・・。幅広の花弁ですね。

ところで「フシグロ(節黒)」の由来は?

Wdsc09898

この節の部分が、紫黒色を帯びる事に依るそうです。紫黒色・・図鑑に書かれた色は難しい・・。

W048

中には、黒くないものも・・。

センノウは、漢字で仙翁と書きます。こちらの由来は、分かりません。

« 不明の植物②-2(笛吹市芦川町) | トップページ | すずらん群生地の植物① »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55512772

この記事へのトラックバック一覧です: フシグロセンノウ(笛吹市芦川町):

« 不明の植物②-2(笛吹市芦川町) | トップページ | すずらん群生地の植物① »