2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 十里木高原の植物② | トップページ | 一人下山散策② »

2012年8月15日 (水)

一人下山散策①

8月11日予定の下山散策は、雨予報のため当日の朝中止になってしまいました。前記事にも書きましたが、昼頃から崩れ出し予報が当たってしまいました。

その翌日、部屋の窓から見た早朝の富士山が私を誘っていました。Webで見た予報は必ずしも良くありません。でも、もう一度富士山を眺めて、一人下山散策を決めました。

Dsc09137

水ヶ塚にDAIGO(D5)を残して、シャトルバスで富士宮口五合目へ向かいました。8時15分頃の到着でしたが、沢山の人が山頂を目指していました。

晴れていたと思ったら、瞬く間に霧で覆われて来ました。「山の神様、もう少し待ってください!」

Wdsc09140

私は一人、五合目宝永入口から宝永第二火口縁を目指しました。途中で振り返った下界の様子・・雲の下に我が家があります。

Wdsc09142

霧に隠れていた山頂が、突然姿を現しました。

Wdsc09143

光学30倍ズームで撮った山頂の様子。数人の人影が見えます。

Wdsc09190

五合目宝永入口から宝永第二火口縁へ向かう遊歩道では、僅か二家族に出会っただけでした。

Wdsc09207

鈴の音を響かせながら、ダケカンバの林を下ります。

Wdsc09208

林の向こうが明るくなって来ました。

Wdsc09211

林を抜けるとこんな景色になりました。

Wdsc09213

ここは沢のようです。下を見るとかなり急勾配になっています。ちょっぴり怖い!

Wdsc09233

沢の先の針葉樹林を少し歩くと、また開けて来ました。

Wdsc09234

来た道を振り返って・・。ここで9時半くらいです。普通に歩けば30分の距離を、植物に目を奪われて倍かかってしまいました

Wdsc09235

宝永第二火口縁に到着です。ここから先は、水ヶ塚まで出会う人がありませんでした。

今日の記事は、写真をフォトショップの「Web用に保存」で、サイズ調整してみました。高機能なソフトを、少しずつ使えるようにと思ってはいるのですが・・。

« 十里木高原の植物② | トップページ | 一人下山散策② »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人下山散策①:

« 十里木高原の植物② | トップページ | 一人下山散策② »