2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 須山口登山道探索② | トップページ | キバナノショウキラン(須山口御胎内付近) »

2012年8月 5日 (日)

須山口登山道探索③

女子高校生の集団とすれ違った後、少し登ると標識がありました。元気な声がまだ聞こえています。

Wb_dsc08237

高鉢駐車場の文字が見えます。ガラン沢経由で行く道のようです。何時かはこの道も歩いてみたい。

Wb_dsc08238

「御殿庭5分」と書かれています。「もう少し頑張ろう!」

標識の写真ばかりで恐縮ですが・・。

Ph_dsc08252

Ph_dsc08253

「御殿庭下」です。ここを右手(赤いリボン)に行くと、以前探索した二ツ塚四辻方面に行く事が出来ます。私は、正面の道を登りました。

Wb_dsc08255

「二合五尺」「御殿庭下」と書かれています。

Ph_dsc08258

こんな景色が続きます。林床には、地衣類やコケモモが沢山生えていました。

Wb_dsc08297

帰りの時間も考えて、今日はここまでにしました。

雲行きが怪しくなって来たので、途中彼方此方突っかかりながらも、ハイスピードで下りました。

Wb_dsc08491

須山上り一合五尺分岐点から、更に下ったところです。水ヶ塚まで15分。

Wb_dsc08496

薄暗い遊歩道では、ストロボが自動発光しました。

Wb_dsc08497

ここは、須山御胎内上の分岐点へ向かう遊歩道の案内標識です。薄暗い林道を歩くより、水ヶ塚に出て車道を歩く事にしました。

Wb_dsc08499

表示時間よりかなり早く水ヶ塚に出ました。

Wb_dsc08501

DAIGO(D5)の待つ須山口御胎内入口までは、かなりありました。

Ph_dsc08502

やっと到着です。疲れました・・。でも、山の神様の誘いを信じたおかげで、優雅に飛ぶアサギマダラや普段見る事の出来ない何種類かの野生ランとも出会う事が出来ました。

その様子は、次の記事から。

« 須山口登山道探索② | トップページ | キバナノショウキラン(須山口御胎内付近) »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須山口登山道探索③:

« 須山口登山道探索② | トップページ | キバナノショウキラン(須山口御胎内付近) »