2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 須山御胎内② | トップページ | 須山口登山道探索② »

2012年8月 4日 (土)

須山口登山道探索①

須山口御胎内~須山下り一合五尺~須山口登山道までの様子を、まとめてみました。

Wb_dsc07973

須山口御胎内で参拝した後、幕岩方面へ向かいます。台風や大雨で、遊歩道が荒れていました。登り道は、勾配のきつさよりも歩き始めが一番辛い・・。

Wb_dsc08036

少し歩くと、須山下り一合五尺の分岐点に、この標識が建っていました。以前来た時は、もっと簡素なものでした。ここを幕岩方面ではなく、御殿庭の→方向に向かいました。初めて歩く道です。

Wb_dsc08037

所々にベンチが設置されていました。この遊歩道を「紅葉台遊歩道」と呼んでいるようです。

Ph_dsc08044

Ph_dsc08045

針葉樹の倒木が目立ちます。

Wb_dsc08071

富士山頂は雲に隠れていました。

Wb_dsc08077

二つ目のベンチ。針葉樹の香りを浴びて、小鳥の囀りを聞きながらのんびり歩いていると、心がリフレッシュされます。

Wb_dsc08090

心細くなった頃、姿を現してくれる標識が有難いです。この辺りが、南山林道の分岐点だと思います。

Wb_dsc08091

この小屋が南山休憩所のようです。須山下り一合五尺~上り一合五尺の中間点辺りだと思います。

Wb_dsc08136

そして、ここが水ヶ塚から御殿庭の分岐点・・須山上り一合五尺です。手前のベンチで昼食をとり、どうするか思案しました。

山の神様は、二つの目的地を却下してまで私をここに誘われたのです。「何かあるかもしれない。良し、御殿庭方面へ行ってみよう!」と言う事で、虚弱な体力を振り絞って御殿庭の指標(右方向)を目指しました。

« 須山御胎内② | トップページ | 須山口登山道探索② »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須山口登山道探索①:

« 須山御胎内② | トップページ | 須山口登山道探索② »