2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« キヌタソウとクサタチバナ | トップページ | ヤグルマソウ(笛吹市芦川町) »

2012年7月 3日 (火)

西湖「いやしの里」根場

古民家や古民具等を訪ね歩くのが好きな私に、知人が教えてくれた場所です。富士五湖の一つ、西湖の湖畔にあると聞いて見学して来ました。「根場」とはここの地名で「ねんば」と読むそうです。

Ph_dsc05823

茅葺屋根の建物が沢山建っています。いろいろな展示館や体験コーナー、食事処等があって面白いですよ。

Ph_dsc05822

砂防資料館と書かれていました。軒下に懐かしいものが・・。

Ph_dsc05820

脱穀機(農機具)がありました。

Ph_dsc05827

「紙屋逆手山房」手漉き和紙の体験が出来るそうです。

Ph_dsc05828

手動式の井戸用ポンプがありました。これも懐かしいです。

Ph_dsc05838

水車小屋も・・。

Ph_kdsc05838

画家「Photoshop」が描いた水車小屋の絵です。良いでしょ?

Ph_dsc05839

水車にはカヤの木を使うと聞きましたが、これは何の木が使われているのでしょう?

Ph_dsc05835

お腹が空いたところで目に入って来たこの建物・・「松扇」というお蕎麦屋さんでした。普通ざるそばを頼むと、あまりにも少なくてがっかりしますが、ここはたっぷりありました。透明感のある蕎麦が、とても美味しかったです。「また行きたくなる店」と紹介しておきます。

Ph_dsc05837

建物の近くに咲いていたこの花、何だと思いますか?これは、お蕎麦の花です。

父親に教わる事もなく、本を見て挑戦した蕎麦打ち・・少しずつ上達しているとは思うのですが、回を重ねるほど難しさが分かって来ました。来客に出せる様になるのは、何時の事か・・。

« キヌタソウとクサタチバナ | トップページ | ヤグルマソウ(笛吹市芦川町) »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

おばさん、今晩は。
私の父親が蕎麦やコンニャクを作ってくれました。
他界する前に教わらなかったため、本を見て両方に挑戦しました。
手間はコンニャクの方がかかり、難しさは蕎麦打ちと言った感じです。
まぁ多少失敗しても、自分で作ったものは美味しいです

以前訪ねたことがありますが、藁ぶきが郷愁を誘いますね。
蒟蒻料理を頂きました。
勿論おそばも好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西湖「いやしの里」根場:

« キヌタソウとクサタチバナ | トップページ | ヤグルマソウ(笛吹市芦川町) »