他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 樹上の居候 | トップページ | 御殿場口~二ツ塚~幕岩で出会った生き物たち »

キヨスミウツボとバイケイソウ(西臼塚)

二つの植物は、西臼塚の薄暗い林内に生えています。特にこれと言った関連はありません。

【キヨスミウツボ】

ゴマノハグサ科キヨスミウツボ属。腐生植物です。千葉県清澄山で発見され、この名が付いたそうです。地名の付く植物は、他に生えていると違和感があります。「専門家の方、今後の新種名には、地名を付けないでください」・・ナンテbleah

Ph_dsc06970

薄暗い林床では、この白い塊が目に付きます。場所によっては、沢山生えているところがあります。

Ph_dsc06969

一つ一つの筒のようなものが花です。

Ph_dsc06973

こちらは、開く前の状態。

Ph_dsc07006

ずっと離れた場所にも生えていました。

Ph_148

Ph_148_1

上手く撮れませんでしたが、トリミングしてみました。図鑑では「上下に2裂した唇形」と表現されていました。

この植物を初めて見たのは、4~5年前になります。こうして、富士山麓を探索し始めたばかりの頃で、知人の観察会に同行させてもらった時でした。

その日は、朝から雨が降っていました。「これでは中止かもしれない・・」と思いつつも、近いところなので出かけてみました。雨はますます強くなって来ました。でも、西臼塚の駐車場に着くと、一台の車が止まっていました。そして、東屋には知人が一人で、「ひょっとしたら来るかも知れない参加者」を待っていました。その後、一家族4人とアシスト係の人が来て、合計7人で雨中の西臼塚を探索して歩きました。この植物を見る度、あの時集ったもの好きな参加者の事を思い出します。

【バイケイソウ】

ユリ科シュロソウ属。この辺りの林内では良く見かける植物です。花の咲く株はこうして残り、花の咲かない株はもう枯れています。

Ph_dsc06984

花が梅に似ていて、葉が蕙蘭に似ていることから、この名が付いたそうです。

Ph_dsc06984_1

花弁の縁に突起物があります。面白い花ですね。

【その他】

Ph_dsc07001

西臼塚には、遊歩道があります。台風や豪雨の度、一部の遊歩道が川のようになってこんな状態に荒れてしまいました。敷き詰められた砕石は、林内に流れ込んで堆積しています。立ち入り禁止区域には、入らないようにしましょう。私?ハハハ・・困ったものです。

« 樹上の居候 | トップページ | 御殿場口~二ツ塚~幕岩で出会った生き物たち »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55251292

この記事へのトラックバック一覧です: キヨスミウツボとバイケイソウ(西臼塚):

« 樹上の居候 | トップページ | 御殿場口~二ツ塚~幕岩で出会った生き物たち »