他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 富士宮口五合目付近の植物③ | トップページ | キソチドリ »

ヒメハナワラビ

Ph_165今日は、いつもと少し違った画像の貼り付け方をしてみました。なかなか難しい・・。

標高2,000mを超す辺りで見かけたシダの仲間です。変わった植物は、名前が分からなくても直ぐに目につきます。

【ヒメハナワラビ】

ハナヤスリ科ハナワラビ属。別名をヘビノシタ或いはアキノハナワラビというそうです。

下界では、フユノハナワラビを良く見かけますが、それ以外にナツノハナワラビもあるそうです。でも、ハルノハナワラビだけは無いみたいです。

Ph_179

丸みを帯びた葉を栄養葉、粒粒の方を胞子葉と呼ぶそうです。

変わっているでしょ?

Ph_dsc06076_2
その気で探すと結構生えています。

Ph_dsc06060
こちらには、二株並んで生えていました。

図鑑で見ると解説のところに「富士山には、類似種のミヤマハナワラビが稀にあり・・」と書かれていました。

Ph_dsc00935
貴重なミヤマハナワラビの写真を載せておきます。写りが悪いのは、気まぐれな天気のせいです。

今日、現場の職人さん達と打ち合わせをした結果、日曜日は休む事にしました。せめて一日だけでも休めれば少しは気晴らしになります。良かった!

« 富士宮口五合目付近の植物③ | トップページ | キソチドリ »

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今晩は。
そうなんです。
図鑑でしか見られないと思っていた植物が、目の前にあると感激します。
一番下のシダは「富士山の植物図鑑」にも載っておりません。
8月にまた会えると良いのですが・・。

こんにちは。
シダの仲間と思えない様な葉をしていますね。
山歩きをすると、平地と全く違った植物に出会えて
嬉しい驚きですね。
やまぶどうさんのお陰で、私も珍しい植物を楽しんでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55187148

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメハナワラビ:

« 富士宮口五合目付近の植物③ | トップページ | キソチドリ »