他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キバナノショウキラン(西臼塚周辺) | トップページ | 樹上の居候 »

ムヨウイチヤクソウ?

昨年観察仲間が見つけたこの植物、今年も蕾を付けていました。ムヨウイチヤクソウではないかとの事です。

Ph_dsc06946

普段から薄暗い林床である上に、御覧の通り霧が出て来て尚暗い・・。ヒョロっと伸びた赤い花茎が印象的です。

Ph_dsc06939

ちょっと接近。

Ph_138

Ph_134

カメラを替えて、ストロボ撮影。

Ph_142

Ph_144

小さい葉が付いていました。

私の図鑑には、ムヨウイチヤクソウは載っておりません。Web検索して見ると下記のように書かれていました「ベニバナイチヤクソウの品種で、葉が無いか小型のものが1~3個付く。ベニバナイチヤクソウよりも花期が遅れる。」

ここは、標高1,350m位の場所です。ベニバナイチヤクソウを見かける亜高山帯ではありません。どうしてここに生えたのでしょう?

イチヤクソウは、自らの光合成で合成する炭水化物だけでなく、菌類と共生する(養分をもらっている)と書かれています。特にこのように葉が小さかったり、無い場合は、菌類への依存率が高いのかも?

特殊な環境とこの植物との出会い・・この場所で見られる事は、奇跡的かもしれません。

« キバナノショウキラン(西臼塚周辺) | トップページ | 樹上の居候 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55242445

この記事へのトラックバック一覧です: ムヨウイチヤクソウ?:

« キバナノショウキラン(西臼塚周辺) | トップページ | 樹上の居候 »