2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アオフタバランとヒトツボクロ | トップページ | ベニバナヤマシャクヤクを求めて② »

2012年6月11日 (月)

ギンリョウソウ

【5月26日】

越前岳十里木口登山道脇

S011

今シーズン初めてのギンリョウソウです。

093

薄暗い登山道脇に、ひっそりと咲いていました。

【6月8日】

富士山北麓(富士河口湖町)

Sdsc04468

ここは、毎年沢山のギンリョウソウを見る事が出来ます。背を向けあっている・・喧嘩したのかな?

S009

S015

鱗状の萼片のような部分を鱗片葉と呼ぶそうです。この姿を竜に見立てて和名が付いたそうです。漢字で書くと銀竜草。

Sdsc04472

こうして並んで咲いていると、人の後ろ姿を思わせます。

【6月10日】

富士山麓某所。

Dsc04828

ストロボ無しで撮影。足長のギンリョウソウです。二本寄り添って咲いている所が良いですね。

Dsc04827

ストロボ撮影。

富士山麓等を探索するようになって、出会う事が多くなりましたが、以前は殆ど見る事がありませんでした。薄暗い林内に佇む姿は、人のいろいろな姿を連想させてくれます。

« アオフタバランとヒトツボクロ | トップページ | ベニバナヤマシャクヤクを求めて② »

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
このギンリョウソウは、実(種)も面白いですよ。
キタロウの0目玉親父のように、ぷっくり真ん丸く膨らみます。

こんばんは。
ギンリョウソウは透明感がある花で
人の心を引きつけますね!
正面から見たのもユニーク素敵です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギンリョウソウ:

« アオフタバランとヒトツボクロ | トップページ | ベニバナヤマシャクヤクを求めて② »