他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 果樹畑の様子(6月下旬②) | トップページ | ズダヤクシュとコバノイチヤクソウ »

ヤシャビシャクの実とその仲間

今年は、樹上に居候するヤシャビシャク(絶滅危惧種Ⅱ類)の花を見逃してしまいました。もう果実が膨らんできていました。残念・・。

【ヤシャビシャク】

Ph_dsc05474

目の高さで観察できる株です。

Ph_dsc05491

Ph_dsc05477

果実には、沢山の毛が生えています。良く見ると、葉柄や葉の一部にも毛が見受けられます。

Ph_036

ストロボ発光で撮ってみました。

ヤシャビシャクは、スグリの仲間だそうです。そこで、趣味の果樹畑に植えてあるスグリの実を集めてみました。熟すと良い香りがするそうですが、まだ確認した事はありません。

【クロスグリ】

Ph_dsc05290

Ph_dsc05291

クロスグリは、カシスとも呼ばれるそうです。

【アカスグリ】

Ph_dsc05292

Ph_dsc05293

こちらは、フサスグリとも呼ばれるそうです。透明感のある赤色の綺麗な実です。

スグリはジャムなどにするそうですが、我が家ではまだまだ小さな木で、少ししか実が生りません。

ところで、ヤシャビシャクに毛が多いのはどうしてでしょう?熟して落下する時に、樹上の苔に摑まりやすいようにかな?実生で発芽させることも可能だそうですが、自生地では地面に生えている株は殆ど見かけません。標高1,700mくらいのこの場所では、地上で育つのは難しいようです。

« 果樹畑の様子(6月下旬②) | トップページ | ズダヤクシュとコバノイチヤクソウ »

果樹野菜」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55050965

この記事へのトラックバック一覧です: ヤシャビシャクの実とその仲間:

« 果樹畑の様子(6月下旬②) | トップページ | ズダヤクシュとコバノイチヤクソウ »