他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤク②(富士山麓) | トップページ | 初めての森の植物観察(富士山麓) »

ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤク③(富士山麓)

蕾を持った株をまた見つけました。

100

ここには、二本並んでいました。

099

101

こちらはとても小さい・・。

Dsc04345

103

葉裏を見ると、毛がありません。今、蕾を持った株がベニバナだとすると「ベニバナの葉裏に毛がある」とは言い切れない事になります。

110


108

また見つけました。開花株(蕾を持った株)が、全部で5本あったと思います。

そして他に気がついた事は、どれも(白花の)ヤマシャクヤクに比べて丈が高い事です。ちょっと見難いですが・・。

Dsc04349

Dsc04362

Dsc04335

私が普段見ているヤマシャクヤクに比べて、どれも八頭身美人のようです。

諸先輩のブログなどを拝見すると、「同じ場所では、ヤマシャクヤクの後に花が咲く」と書かれていることから、今蕾を持っているこの株がベニバナヤマシャクヤクだと思います。そして葉裏の毛は、必ずあるとは限らないようです。また、丈もヤマシャクヤクに比べて大きく、萼片の縁が赤い・・等の違いがある様に思います。

Yamasyakuyaku_0508_3s

これが白花のヤマシャクヤクの蕾です。頭の葉は、白花でも付いている事があります。でも、縁の色は違っているでしょう?

私を信用して貴重な情報をくださった先輩と、今日も珍しい植物との出会いを与えてくださった山の神様に感謝して、ベニバナヤマシャクヤクの記事をお終いにします。あ~開花が待ち遠しい!

« ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤク②(富士山麓) | トップページ | 初めての森の植物観察(富士山麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

春夏秋冬365 さん、今晩は。
コメント有難うございました。
貴重な情報を頂き勉強になります。

山形大学の資料写真拝見しました。
この資料だと、花色だけでベニバナヤマシャクヤクとは言えないようですね。
ヤマシャクヤクの変異種で、赤花の個体があるなんて初めて知りました。
花弁の縁の赤い白花もまだ見た事がありません。
それとヤマシャクヤクの花色が、黄色~クリーム系に見えますね。
ベニバナの色も、図鑑や諸先輩のWeb記事で拝見するものより、ずっと濃いように思います。

私が普段見ているヤマシャクヤクは、富士山南麓に生えているものです。
開花時期が違うそうですが、何か特殊な事情があって交雑種が産まれないのかな?
なんて考えてしまいました。

「花柱の先が強く巻き込む」これも花柱ごとの個体差があるようで、素人の私には判断が難しそうです。花弁の色が一番の鑑定条件だと思っていたのですが・・。
まずは、開花した花を観察する事ですね。
何とか頑張って、確認したいと思います。
有難うございました。

はじめまして、今日は。
ヤマシャクヤクには葉の裏面に軟毛があるタイプと無いタイプがあるようです。また雌蕊の本数にも個体差が大きく基本数など無いように見えます。変異では花弁の外周を縁取るように、また花弁の所々に筋や不定形で現れるピンク~赤色の斑入りがあります。富士山では見ていませんが花弁すべてが赤色となる個体もあるようです。どうもベニバナかどうかの決め手は軟毛でも雌蕊数でも花色でもなく雌蕊の先がカールしているかいないかにあるように思います。開花時期はヤマシャク→変異→ベニバナの順で山形大学農学部の資料があります。以下はそのURL
http://www.tr.yamagata-u.ac.jp/~nobuyosi/paeonia.html

yopiさん、お早うございます。
この場所は、ある方のご厚意で教えていただきました。
的確なアドバイスと案内図がなければ、決して行くことのないような場所です。
その方の説明では、この近くにも生えている可能性の高い場所があるようです。
ところで、花色の確認をしなければなりません。
全て蕾の状態でした。
周りの白花が種になった状態での蕾と葉裏の毛、そして見慣れた白花の蕾との違いなどでベニバナだと思っているのですが・・。
見逃さないように通ってみます。

ベニバナヤマシャクヤク、開花を確認しましたか?
すごいですねぇ!
昔は富士山や黒岳でベニバナを見たのですが、最近は殆ど見られません。
少なくとも昨年は1本も見ておりません。(今年もです)
ヤマシャクヤク自体お花は2〜3日で落ちてしまうから、なかなか
いい状態で見ることが出来ません。
ベニバナがこれだけまだ残っているということでとてもウレシイです。

おばさん、今晩は。
この季節は、賑やかですね。
我が家でもシランが終り、今セッコクが咲きだしました。
開花時期の長いラン科の花も、のんびりしていると見逃してしまいそうです。
富士山麓に自生しているシャクヤクで、白花は毎年見ていましたが、ベニバナはとても珍しくまだ一度も出会った事がありませんでした。
今回、ある方のご厚意で自生地を知る事が出来ました。
開花が楽しみです。

庭に咲いているシャクヤクは一種類だと思っていました。
もう枯れてしまいましたが、ピンク色です。
紫蘭も終わりかしら。ただ今はサツキが咲きあじさいはその時を
待っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54871177

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤク③(富士山麓):

« ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤク②(富士山麓) | トップページ | 初めての森の植物観察(富士山麓) »