他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 十六夜バラ | トップページ | コフタバラン(北麓) »

ホオズキ

家の裏庭を見ると、見馴れない植物が生えて来ました。

026

2~3本生えています。

025

モードを変えて接近・・あっ、蕾が見える。

S018

こんな蕾です。そして、その下には・・。

S020

花が咲いていました。

Ss020

グレースケールに加工。最近、使い慣れない画像処理ソフトの練習中ですcoldsweats01

S021

更に接近。花弁の縁には毛が生えています。そして、もっと下を見ると実が生っていました。

S017

Ss022

この植物の正体が分かりました。ナス科ホオズキ属・・ホオズキでした。私が幼い頃は、どこの家でも植えられていたように記憶しています。でも、最近は見る事がありませんでした。

昨年だったか、家族が頂いて来たホオズキの実を、山野草の実生床に蒔いたのを忘れていました。懐かしい時代を、思い出させてくれる植物の一つです。

« 十六夜バラ | トップページ | コフタバラン(北麓) »

果樹野菜」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

tomokoさん、お早うございます。
趣味の野菜畑では、フルーツのような美味しさのホオズキを栽培しています。
でも、このホオズキとは葉も違い、実の殻が赤くなりません。
昔は、今のようにいろいろな園芸植物が無かったのですね。
ケイトウなども珍しく、懐かしい存在になりました。

おばさん、お早うございます。
そうそう、お盆に飾りますね。
お盆の飾り付けも、だんだん簡素化されて来ましたが・・。
中身を出して鳴らした覚えがあります。
蒔いた種も、網のような葉脈の中に真っ赤な実がありました。

我が家にも生えていますよ~~ 可愛いですね!
懐かしいと云う言葉がぴったりします。
花の縁に毛が生えているとは知らなかったです。

ホオズキ・・・・お盆の仏様に飾るものとして
どこの家にも確かにありましたね。
真っ赤になって、葉脈のみ残して遊んだ覚えありです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54960403

この記事へのトラックバック一覧です: ホオズキ:

« 十六夜バラ | トップページ | コフタバラン(北麓) »