他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ベニバナヤマシャクヤク(3週目の③) | トップページ | クルマバツクバネソウ(富士山南麓) »

ベニバナヤマシャクヤク(3週目の④)

今夜は暴風雨の中帰宅しました。途中、道路工事の標識が道を転がっていました。固定してなかったようです。危ないですね。

ベニバナヤマシャクヤクの花を、もう少し見てください。SONY DSC-HX100Vで撮りました。

Ph_dsc05172

全体の雰囲気はこんな感じです。(白花の)ヤマシャクヤクに比べると、かなり長身です。本来の生育場所より、少し日照が少ないかな?

Ph_dsc05176

丸かった花弁も、時間が経つに連れて・・。

Ph_dsc05224

だんだん開いて来ました。

Ph_dsc05225

Ph_dsc05228

他を一回りして戻ったら、オシベやメシベが見えて来ました。

Ph_dsc05173

ずっと眺めていたい・・。

Ph_dsc05215

花弁がますます開いて来ました。

Ph_dsc05213

更に接近・・。この状態を見て、なぜかヒマラヤンブルーのメコノプシス・ベトキニフォリアを思いだしました。

とにかく花を見る事が出来て良かった・・。台風で、この花は散ってしまうと思いますが、他の株は無事でいてほしい!

« ベニバナヤマシャクヤク(3週目の③) | トップページ | クルマバツクバネソウ(富士山南麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

kaikaiさん、お早うございます。
同じ範囲に生えていましたが、ヤマシャクヤクが木漏れ日の当たるような場所なのに対して、ベニバナは比較的日照の良い場所に生えていました。
この時期に、ヤマシャクヤク(白花)は既に果実になっていましたが、ベニバナはまだ蕾でした。辺りを探してみましたが、花弁の残る白花はありませんでした。一月近く遅れるようです。
必ずとは言えないようですが、上記以外に私が気づいた点を挙げてみます。
①ベニバナの方が草丈が高く、葉柄も上向きのように感じる
②ベニバナの方が蕾(花も)が小さく、萼片に小さな葉のような突起物が付属している
③ベニバナの葉裏には毛の生えているものが多い
④萼片の縁に赤いラインがある
図鑑や諸先輩のwebページには、「ベニバナは果実が5列裂している」と書かれているものがありますが、これは間違いだと思います。
西臼塚には5裂している白花の株がいくつもありますし、ここで見たベニバナは3裂でした。

こんばんは、来年はこれも見に行こうと思っています、わたしが知っているのは山梨ですが。
白いものより、少し遅めと聞いていますが、混生はしているのですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/55004688

この記事へのトラックバック一覧です: ベニバナヤマシャクヤク(3週目の④):

« ベニバナヤマシャクヤク(3週目の③) | トップページ | クルマバツクバネソウ(富士山南麓) »