他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« コアツモリソウ②(富士山北麓) | トップページ | ベニバナヤマシャクヤク(3週目①) »

昼寝する小鹿

今日は、家の周りの剪定をした後、ベニバナヤマシャクヤクの様子を見に行って来ました。

萼片のとれた蕾の写真を撮っていると、隣でなにやら気配がします。「何だろう?」と横を向くと・・。

Ph_dsc05239

なんと、2mくらいの所に小鹿が寝ていました。私の方をちらっと見ましたが、視線を合わそうとしません。AFだと手前の枝にピントが合ってしまいますcoldsweats01

カメラを替えて、マニュアルで撮ってみました。それでも枝が邪魔です。

Ph_186

ちょっとだけ目が見えています。

Ph_193

顔を隠して寝てしまいました。寝たふりかな?

Ph_194

でも、耳だけはこちらを向いています。「小父さん、早く何処かに行ってくれないかな・・」なんて思っていたのかもしれません。

この小鹿、親と逸れたのかな?まだかなり小さいので、他の獣に襲われたらひとたまりもありません。鹿の食害は彼方此方で見ていますが、動物好きの私は心配で後ろ髪を引かれながら、「頑張れよ!」声をかけて帰って来ました。

« コアツモリソウ②(富士山北麓) | トップページ | ベニバナヤマシャクヤク(3週目①) »

生き物観察」カテゴリの記事

コメント

鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/

bbhouseさん、お早うございます。
この子鹿も、まだ産まれて間もないような気がします。
とっても小さな身体でした。
シカの被害と言っても、山歩きしたり、林業や農業に関わっている人にしか、実情は分からないと思います。
南麓では、皮を食べられて立ち枯れた樹木を沢山見ます。
場所によっては、座る場所もないくらい沢山の糞が落ちています。
かなり深刻な状況だと思っています。

でも、保護した方は、きっと心優しい人ですね。
それに、あのつぶらな瞳を見たら、放っておけなかったのも理解できます。

こんばんは

先週の月曜日に観光客が県道71号線沿いにある駐車場で休憩していたら、ふらふらとけがをした小鹿が近付いてきて、離れてもまた近付いてくるので。保護したと職場にその小鹿を持ち込んできました。職場でも困り果てましたが、よく見ると怪我もしていなく生まれたばかりで普通に歩ける状態になっていないようでした。小鹿とはいえ駆除対象ですので保護する訳にもいかず、悩んでいました。・・・・・保護した人も悪気はなかったと思いますが、そのまま、その場所に居たら、親鹿が付近に居たと思います。
悩んだ末、保護した場所にまた戻してきました。
きっと元気にしていると思います。

・・・・でも、成長したら、また食害が????

ねっつんさん、お早うございます。
野生の鹿を、こんな至近距離で見たのは初めてです。
無事でいてくれると良いのですが・・。
萌は、植物観察に連れて行ったら写真どころではなくなります。
猟犬の血が騒ぎ、ずっと戦闘態勢のままでしょうから・・。

やまぶどうさん、こんばんは。
パソコンを開いたとたんかわいいバンビが!!一瞬、うり坊かと思いました。
お母さんとはぐれたんじゃないといいのだけど・・・。萌くんが一緒じゃなくて良かったかな!?(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54988809

この記事へのトラックバック一覧です: 昼寝する小鹿:

« コアツモリソウ②(富士山北麓) | トップページ | ベニバナヤマシャクヤク(3週目①) »