他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

その他の植物(富士山南麓)

この季節は、興味深い植物が沢山姿を見せてくれます。

Ph_dsc05442

そろそろ、姿を見せてくれると思っていたフガクスズムシ。良く見ると蕾が付いていました。

Ph_dsc05353

クルマバツクバネソウも再び・・。

Ph_dsc05358

横顔・・。

Ph_019

これは、ヤマクワガタで良いのかな?

Ph_dsc05463

ついうっかり、イラクサの棘に触ってしまいました。虫に刺されたようです。

Ph_dsc05380

Ph_022

良く見かけるけど、名前の分からない虫達。

次の記事は、久々に下界の自然観察です。

アオベンケイ(富士山南麓)

今日は、仕事にはもったいないような天気でした。こういう日の休日出勤はとっても辛い!その上、気を使う仕事で、とても疲れましたwobbly

今日の記事は、樹上に生える多肉植物の仲間「アオベンケイ」の観察です。ベンケイの名が付くようにベンケイソウ科の植物です。園芸店で見かけるヒダカミセバヤ等と同じ科になるそうです。

Ph_dsc05450

種が舞い降りて、倒木の苔の中から姿を見せているアオベンケイの子苗です。悪い小父さんに見つかっていないようです。良かった・・。

Ph_dsc05444

こちらは、倒木の下側に生えた子苗です。次は、光学ズームで樹上の株を観察してみました。

Ph_dsc05466

霧がかかって来ました。山の天気は、秒単位で変化します。

Ph_dsc05445

霧が晴れた瞬間に撮影。沢山生えているでしょ?

Ph_dsc05446

手持ち光学30倍ズームです。

樹上の居候、友情出演です。

Ph_dsc05447

イワギボウシの葉も、姿を見せてくれました。

Ph_dsc05421

ついでに、足元に生えていたイワセントウソウ。この辺りでは、各所で目にする事が出来ます。

森の中の植物達

土曜は、また仕事になってしまいましたweep。とっても辛い!6月24日に行った富士山南麓の植物観察です。

Ph_dsc05344

シロカネソウには、竹トンボのような実が付いていました。春先から咲き始めた花も、まだまだ見る事が出来ます。花期の長い植物です。

Ph_dsc05347

こちらは、萼片の数が7枚です。変異を見つけるのも楽しい。

Ph_dsc05352

ギンリョウソウも、苔の中から顔を出し始めていました。

Ph_dsc05488

今迄、あまり見る事の無かったワチガイソウの実です。朝顔の種みたいですね。

Ph_dsc05506

こちらは、カニコウモリの蕾のようです。

Ph_dsc05526

カエデ属の倒木に出ていた赤い葉。数少ない色彩なので、とても目立っていました。

Ph_dsc05528

この倒木の先端部に着生していたのは、ヤシャビシャクのようです。倒木と一緒に朽ちてしまうのだろうか?

のんびり歩く森の中で、いろいろな植物達の変化を観察するのも楽しい。さて、休日仕事が無事済むように頑張ろう!

アソヒメユリとシロバナカノコユリ

我が家には、2種類の珍しい百合があります。片方が咲きましたので写真を撮ってみました。

【アソヒメユリ】

Ph_057

この百合は、通販で手に入れたと思います。今まで一輪しか咲かなかったのですが、植え替えたら二輪咲きました。

Ph_056

台風で茎が傾き横を向いて咲いています。綺麗でしょ?この百合は、絶滅危惧種に指定されているそうです。

【シロバナカノコユリ】

Ph_058

こちらは、百合の中でも一番遅く咲きます。まだ蕾が小さいです。カノコユリも自生地では、絶滅が危惧されているそうです。

Ph_img_8824

昨年の花を見てください。暑い季節に、涼を呼ぶ花だと思います。

イチヨウラン花の終わり

今年は、もう会いに行けないと思っていたイチヨウランに、また会う事が出来ました。

Ph_dsc05364

Ph_dsc05362

遅く咲いた花は、まだ無事でいました。

Ph_dsc05370

こちらは、うな垂れ始めた花。

Ph_dsc05406

Ph_dsc05376

別の場所では、更にうな垂れた花を見つけました。

そして、以前見つけた株が見当たらない??

Ph_dsc05426

良く見ると、こんな姿で落ちていました。葉がちぎられている!悪い小父さんなら他の株も無くなっているはず・・。シカか何かに食べられ引き抜かれたようです。穴を掘ってそっと埋めておきました。

Ph_dsc05407

更に探索していると、足元にこんな葉の塊がありました。イチヨウランです。数えると9枚の葉が確認出来ました。今年は、この辺りで開花株を11本も見つけました。株数では30本を超すと思います。「山麓でも稀」な野生ランをこんなに沢山見つける事が出来て幸せです。いつまでも無事でいてほしいと願いながら、秘密の場所を後にしました。

キノコ色々

森の中で見るキノコは、メルヘンの世界へ誘ってくれるようです。名前は分かりませんが、最近見つけたキノコを集めてみました。

Ph_dsc05428

Ph_dsc05375

何という名前だろう?

Ph_dsc05432

たっぷり雨水を含んだ苔の中から生えていました。

Ph_dsc05106

繊細な感じのキノコです。

Ph_dsc05460

頭上に横たわる倒木のお腹にも・・。

Ph_dsc05457

Ph_dsc05456

これも変わっていますね。

Ph_dsc05437

Ph_dsc05438

シロソウメンタケの仲間?

Ph_dsc04184

このキノコも変わっていますね。チャワンタケの仲間?

キノコの名前が分かったら、山歩きも更に楽しくなります。図鑑を見ても良く分からない・・。

マンネンタケ?

梅雨に入り、キノコの姿も目に付くようになって来ました。今日の記事では、倒木に生えるサルノコシカケ→マンネンタケの仲間を観察してみました。

【6月16日撮影】

Ph_dsc05009

何だろう?不気味な奴が生えている・・。

Ph_dsc05010

どうも、サルノコシカケ→マンネンタケのようです。

【6月24日撮影】

Ph_dsc05419

Ph_dsc05420

だんだんサルノコシカケ→マンネンタケらしくなって来ました。水分を吸い込んだから、成長が早いのかな?

Ph_dsc05373

こちらは、何かに食べられている。ナメクジかカタツムリか?

次もキノコの観察です。ちょっと変わったキノコも登場します。

※私はずっとサルノコシカケとマンネンタケは同じ仲間(サルノコシカケ科)だと思っていました。bbhouseさんのコメントで検索したところ、双方は別の科に区別されるようですので訂正しました。

モミやツガに生えるマンネンタケをツガのマンネンタケというそうですが、これは針葉樹林帯の倒木に生えていました。ツガノマンネンタケだろうか?

ズダヤクシュとコバノイチヤクソウ

薄暗い林内でも、ゆっくり観察して歩くといろいろな植物の蕾や花を観察する事が出来ます。

【ズダヤクシュ】

Ph_dsc05413

ヒョロっとした感じの茎の先端に、花かと思ったら実が生っていました。

Ph_dsc05412

茎に毛が生えています。

Ph_dsc05418

イワセントウソウと並んで生えていました。

Ph_dsc05416

接近・・。

Ph_dsc05096

以前来た時は、このような花が咲いていました。(6月16日撮影)

【コバノイチヤクソウ】

Ph_dsc05394

この辺りでは、一部にしか生えていませんが、もう少し標高が上がると沢山見る事が出来ます。左下の株元付近から伸びているのは蕾ではありません。別の植物の赤ちゃんです。

Ph_dsc05399

蕾の付いた株もありました。

Ph_dsc05395

Ph_dsc05398

マルバノイチヤクソウというのもあるそうです。図鑑で見るとそっくりですが、コバノイチヤクソウは、亜高山帯の針葉樹林内に生え、マルバノイチヤクソウは、山地帯の林内に生えると書かれています。この辺りが分布の境になるようです。

コバノイチヤクソウは、この写真のように「萼片が三角形で先が尖る」そうです。イチヤクソウも、色々あって面白いです。(6月24日撮影)

ヤシャビシャクの実とその仲間

今年は、樹上に居候するヤシャビシャク(絶滅危惧種Ⅱ類)の花を見逃してしまいました。もう果実が膨らんできていました。残念・・。

【ヤシャビシャク】

Ph_dsc05474

目の高さで観察できる株です。

Ph_dsc05491

Ph_dsc05477

果実には、沢山の毛が生えています。良く見ると、葉柄や葉の一部にも毛が見受けられます。

Ph_036

ストロボ発光で撮ってみました。

ヤシャビシャクは、スグリの仲間だそうです。そこで、趣味の果樹畑に植えてあるスグリの実を集めてみました。熟すと良い香りがするそうですが、まだ確認した事はありません。

【クロスグリ】

Ph_dsc05290

Ph_dsc05291

クロスグリは、カシスとも呼ばれるそうです。

【アカスグリ】

Ph_dsc05292

Ph_dsc05293

こちらは、フサスグリとも呼ばれるそうです。透明感のある赤色の綺麗な実です。

スグリはジャムなどにするそうですが、我が家ではまだまだ小さな木で、少ししか実が生りません。

ところで、ヤシャビシャクに毛が多いのはどうしてでしょう?熟して落下する時に、樹上の苔に摑まりやすいようにかな?実生で発芽させることも可能だそうですが、自生地では地面に生えている株は殆ど見かけません。標高1,700mくらいのこの場所では、地上で育つのは難しいようです。

果樹畑の様子(6月下旬②)

果樹畑も草だらけ・・こちらも悩みの種です。

【グミ】

Ph_dsc05316

実の小さいタイプ。

Ph_dsc05312

Ph_dsc05314

ちょっと大きいタイプ。熟しても渋さが残ります。どうして食べればいいのだろう?

【ザクロ】

Ph_dsc05313

Ph_dsc05289

今年は、沢山の花が咲いています。幾つ生ってくれるのでしょう?

【シークワーサー】

Ph_dsc05315

栄養価が高いそうですが、どうして食べたら良いのか分からず、そのままにしてあります。

【クリ】

Ph_dsc05297

栗の花です。だんだん大きな木になって来ました。どうしよう・・。

【ゴボウ】

Ph_dsc05285

栗の毬ではありません。ゴボウの蕾です。私の背丈を越しています。

最近、一日があっという間に終わってしまいます。もう少し時間が欲しい!富士勤務なら、少しは楽なのですが・・。

果樹畑の様子(6月下旬①)

今日は町内の会合がありました。終了して、自宅に着いたのが10時半頃でしたので、どうしようか迷いましたが、少しだけ富士山麓の探索に行って来ました。午後からは、趣味の野菜畑の草取りをしました。まだまだ、とらなければならないのに少しやったら腰が痛い・・。

隣にある趣味の果樹畑の様子です。

【キウイフルーツ】

Ph_dsc05307

Ph_dsc05310

何種類か植えてありますが、品種名が分からなくなってしまいました。今年も実生りが良い!摘果しないといけないのかな?

Ph_dsc05303

上の二つに比べて丸い。

【サルナシ】

Ph_dsc05299

野生のキウイ、サルナシです。盆栽を地植えしたのと挿木したものです。沢山生って楽しみです。

【アケビ】

Ph_dsc05298

Ph_dsc05305

ミツバアケビとゴヨウアケビを撮ったつもりだったのですが・・。

【モモ】

Ph_dsc05306

確か白鳳。

Ph_dsc05296

こちらは黄桃の双子。

一番山歩きしたい7月は、休日出勤と町内の仕事が詰まっています。頭の痛い事です。代休が取れると良いのですが・・。

不明の植物

この植物の名前、或いは似ている植物の名前を教えてください。富士山南麓の標高1,700mくらいの所で見つけました。

何となく野生ランの香りがしませんか?

Ph_dsc05097

近くには、イチヨウラン等の生える環境です。

Ph_dsc05098

横顔・・。

Ph_dsc05099

良く見ると蕾が付いていました。

宜しくお願い致します。(2012年6月16日AM撮影)

野生ラン色々

野生ランの花が、色々見られる季節になりました。この時期、山歩き出来ないとストレスが溜まりますsad

【クモキリソウ】

Ph_dsc04768

ベニバナヤマシャクヤクの咲く、山林に生えていたこの野生ランは、クモキリソウだと思います。

【ササバギンラン】

Ph_dsc04789

倒木の下から伸びています。ガンバリ屋さんです。

Ph_dsc04807

こちらの株は、12個の花を付けていました(真ん中の葉の裏にも1個)。

【ジガバチソウ】

Ph_dsc04898

昨年は、小雨降る中、急勾配の山に登って見ました。今年は、ずっと楽な場所です。

Ph_dsc04895

Ph_dsc04910

この林の中で増えていってくれ!山に登れなくなっても見る事が出来るように・・。

【ヒトツボクロ】

Ph_dsc04915

開花株ではありませんが・・。

Ph_dsc04916

何を撮ったのかって?良く見てください。ヒトツボクロの葉の横顔です。

【クモキリソウ】

Ph_dsc04930

どちらかと言うと、日照の少ない場所が好みのようです。でも、中には・・。

Ph_dsc04948

こんな日当たりの良い場所に、生えている株もありました。開発による被害者かな?

Ph_dsc04945

アップで撮って見ました。「アブラムシが集っている・・」。アブラムシは、蘭にとって大敵のウィルス病を媒介します。思い切り息を吸って吹き飛ばしてやりましたbleah

(全て2012年6月10日撮影)

ヒメムヨウラン(富士山南麓)

今日は、散髪に行き、Mic(ミニキャブ)を車検に出しました。それから少し家の周りの草取りをしましたので、山歩きは無し・・weep

そういう訳で、一週間前に撮った写真の登場です。

【ヒメムヨウラン】ラン科サカネラン属。腐生植物です。

Ph_dsc05053

クルマバツクバネソウが導いてくれた場所で、ヒメムヨウランを見つけました。これは、まだ蕾の状態です。

Ph_dsc05050

結構大きな株です。色黒の二人組です。

Ph_dsc05117

こちらは、ちょっと色白。

Ph_dsc05059

もっと色白。

Ph_dsc05078

ずっと色白。まだ蕾です。

Ph_dsc05111

咲いていました。花が黄色く見えます。

Ph_076

花を拡大。

Ph_099

もっと拡大。

Ph_dsc04385


Ph_096

アリのような虫が集っていました。

私の自然観察は、基本的に週一・二回(半日ずつ)です。場合によっては、休日出勤があるので、二週間以上行けない事もあります。それで、一週間分の写真を約半日でまとめ撮りしています。ですから、週遅れで登場する事も多々あります。今後は、記事に撮影日を入れる事にしました。

(2012年6月16日AM撮影)

イチヨウラン(NEX-5)

最近では、ミラーレス一眼が人気のようです。我が家にも望遠鏡(BORG)とコンビを組んでいるNEX-5(SONY)があります。たまには連れ出してやろうと思って、イチヨウランの観察に同行させました(写真は、Photoshopで加工してあります)。

Ph_dsc04305

枯れた幹を覆う苔の中に生えていた株です。

Ph_dsc04259

位置を変えて・・。

Ph_dsc04263

花も咲き始めに比べると、上の萼片が万歳しているようになっています。

Ph_dsc04315

俯き加減に咲く花も良いものです。

Ph_dsc04319

やっぱり、雨の日は撮り難い・・。

Ph_dsc04332

隣に生えていたイワセントウソウです。繊細な感じを気に入っています。

ミラーレス一眼は、軽くて良いと思います。でも、正直この機種に関しては、いろいろ改良すべき点があると思います。専用のマクロレンズで撮りましたが、EOSの入門機+中古のマクロレンズ(手ブレ機能無し)の方が、ずっとピントが合わせ易いです。それにAFで撮っても、色合いなどが不自然に写る事が多く、DSC-HX100V(SONY)で撮った方が、素人の私には向いているように思います。

でも、BORGとコンビを組んだ時は、逆にその能力を発揮してくれます。人間と同じように適材適所の配置を考えた方が良いようです。

ヤマオダマキ

初めてこの花を見た時は、感激したものです。植物観察に興味を持ち始めたばかりで、家に咲く園芸種のオダマキしか見た事がありませんでしたから。

Ph_dsc05247

アカソの葉の中から、背高の姿を現していました。

Ph_dsc05242

Ph_dsc05244

見上げて・・。

Ph_dsc05246

袋果(種)が出来ていました。トリカブトと同じキンポウゲ科なので、形が似ています。実生の発芽率も良く、場所によっては沢山見る事が出来ます。

Ph_dsc05243

良く観察すると、花柄にも萼片にも細かい毛が生えています。距が内側に強く巻き込むものを、オオヤマオダマキと呼ぶそうです。これは曲がってはいますが、巻き込んではいないのでヤマオダマキだと思います。植物は紛らわしいのが多いですね。

キョウカノコ

昨年は、病気で上手く咲かなかったキョウカノコが、今年は綺麗に咲きました。この花は、父親が残したものです。そろそろ植え替えもしてやらないと、根詰まり気味です。

Ph_243

Ph_256

少し離れて見ると、お寿司等に使う「おぼろ」のような感じの花です。

Ph_247

蕾と花を拡大してみました。

Ph_251

風で揺らぐのでピンボケ気味・・。

↓同じピンク系の花という事で、友情出演です。

Ph_dsc05317

趣味の野菜畑に咲いた、せっかちのコスモスです。畑にコスモスなんて植えるものじゃありません。昨年の種が発芽して、雑草をも凌駕する勢いです。困ったものだ・・。

マスタケ

針葉樹に生える派手な色のキノコ・・マスタケの観察です。

Ph_dsc04667

こらはまだ若いマスタケのようです。若いものは、天ぷら等にして食べる事が出来るそうですが、生煮えだと吐き気を催す事があると書かれていました。

Ph_139

暖色の乏しい林内では、遠くからでも目に付きます。

Ph_dsc04668

カメラを替えて撮ってみました。図鑑では「朱赤色」と表現されていました。

Ph_dsc04670

光学ズームで・・。

Ph_156

足元の倒木にも生えていました。

Ph_163

Ph_161

こちらにも・・。手の届くところのものは、みんな固い!

【マスタケ】:サルノコシカケ科

クルマバツクバネソウ(富士山南麓)

先週の土曜に、小雨降る中を富士山南麓へイチヨウランの花を確認に行ってきました。その時見つけたクルマバツクバネソウの観察です。私の探索範囲では、なかなか出会うことがありません。

Ph_dsc05038

倒木の脇にひっそりと咲いていました。左横に生えているのは、カニコウモリです。

Ph_dsc05036

普通のツクバネソウに比べて、外花被片が大きく目立ちます。中央にある子房が黒いのも特徴のようです。図鑑には、葉が6~8枚と書かれていましたが、この株は5枚でした。

Ph_dsc05033

横顔。ちょっと見にくいですが、外花被片の下に糸状の内花被片がついています。これも、普通のツクバネソウには無い特徴のようです。

Ph_108

背景ボカシを聞かせて撮ってみました。

Ph_106

Ph_112

こうしてじっくり見ると、面白い花ですね。

普通のツクバネソウはこちらで見てください(→越前岳のツクバネソウ)。

昨年は、クルマバツクバネソウを見つけた直ぐ横で、イチヨウランらしき葉を発見しました。そしてこの日、同じように新たに2本のイチヨウランの花を発見しました。その横には、ヒメムヨウランが沢山生えていました。クルマバツクバネソウは、山の神様のメッセージのようです。

ベニバナヤマシャクヤク(3週目の④)

今夜は暴風雨の中帰宅しました。途中、道路工事の標識が道を転がっていました。固定してなかったようです。危ないですね。

ベニバナヤマシャクヤクの花を、もう少し見てください。SONY DSC-HX100Vで撮りました。

Ph_dsc05172

全体の雰囲気はこんな感じです。(白花の)ヤマシャクヤクに比べると、かなり長身です。本来の生育場所より、少し日照が少ないかな?

Ph_dsc05176

丸かった花弁も、時間が経つに連れて・・。

Ph_dsc05224

だんだん開いて来ました。

Ph_dsc05225

Ph_dsc05228

他を一回りして戻ったら、オシベやメシベが見えて来ました。

Ph_dsc05173

ずっと眺めていたい・・。

Ph_dsc05215

花弁がますます開いて来ました。

Ph_dsc05213

更に接近・・。この状態を見て、なぜかヒマラヤンブルーのメコノプシス・ベトキニフォリアを思いだしました。

とにかく花を見る事が出来て良かった・・。台風で、この花は散ってしまうと思いますが、他の株は無事でいてほしい!

ベニバナヤマシャクヤク(3週目の③)

前記事の花より、もっと開いた株を求めて林内を探索しました。でも、他に開花した株は見つかりませんでした。そこで、別れを告げに戻ってみると・・。

Ph_170

「あっ!!開いている!」

Ph_139

Ph_131

気温の上昇によるものなのか、風に促されたのか、先ほど見た花が更に開いていました。山の神様有難う!

Ph_133

上から・・。

実は、確認したい事があったのです。図鑑に「メシベの柱頭は長くて巻く」或いは「先が強く巻き込む」と書かれています。

Ph_182

Ph_161

確かに、ヤマシャクヤクに比べて、長くて強く巻き込んでいます。

紅色の花を付けるものでも、ベニバナヤマシャクヤクではなく(白花の)ヤマシャクヤクの変異種があるそうです。判定はメシベの柱頭で行うのが確実なようです。

メシベの柱頭も確認出来たし、これで私が見た花はベニバナヤマシャクヤクで間違いないと思います。

初めての花に出会えた感動と共に、この植物の観察を通して、図鑑には書かれていないいろいろな事を学びました。有難うございました。

いっぱい写真を撮りましたので、もう少しお付き合いください。④へ続きます。

ベニバナヤマシャクヤク(3週目②)

神様の問いかけに従い、第一週目に蕾を確認した場所へ向かいました。そこでは・・。

【一株目】

Ph_060

萼片が全て捲れピンクの花弁が見えています。

Ph_073

Ph_065

小さな蕾ですが、遠くからでも目立ちます。

Ph_084

とにかく花弁を見る事が出来ました。

【二株目】

そして、第一週目の最初に出会った開花株です。咲いていると言って良いでしょう。神様も粋な計らいをしてくださいました。

Ph_107

Ph_113

夢中で撮りました。私にとっては、自生地で見た初めてのベニバナヤマシャクヤクの花です。

Ph_091

蕾の時から思っていたのですが、ヤマシャクヤクに比べて少し小さめの花です。

Ph_120

上から・・。

もう少し開いた株が無いか、探索して見ました。そして、山の神様の粋な計らいは続きます。

ベニバナヤマシャクヤク(3週目①)

「何としても花を見たい!」その一念で通い始めて、3週目になります。「先週の様子からして、もう一週くらい先かな?」

2週目に見つけた自生地の株を見に行きました。少し近いので・・。

Ph_049

日陰に生えている株は、まだ萼片が開いておりません。

Ph_045

こちらも・・。

Ph_019

そして、長身の美人4姉妹の所へ行くと・・。

Ph_007

Ph_036

葉付きの萼片だけでなく、他も捲れ始めていました。

Ph_043

こちらも・・。

Ph_003

4姉妹は、来週開花を見る事が出来そうです。

Ph_027

ここの方が日照が良いので、少し遠い1週目に見つけた自生地を見に行くのを、止めようと思ったのですが・・。

山の神様は、私に語りかけて来ました。「ここまで来て帰るのか?来週必ず来れるのか?」・・と言う事で、1週目の自生地へ向かいました。そして、そこでついに開花した一輪のベニバナヤマシャクヤクに出会う事が出来たのです。

昼寝する小鹿

今日は、家の周りの剪定をした後、ベニバナヤマシャクヤクの様子を見に行って来ました。

萼片のとれた蕾の写真を撮っていると、隣でなにやら気配がします。「何だろう?」と横を向くと・・。

Ph_dsc05239

なんと、2mくらいの所に小鹿が寝ていました。私の方をちらっと見ましたが、視線を合わそうとしません。AFだと手前の枝にピントが合ってしまいますcoldsweats01

カメラを替えて、マニュアルで撮ってみました。それでも枝が邪魔です。

Ph_186

ちょっとだけ目が見えています。

Ph_193

顔を隠して寝てしまいました。寝たふりかな?

Ph_194

でも、耳だけはこちらを向いています。「小父さん、早く何処かに行ってくれないかな・・」なんて思っていたのかもしれません。

この小鹿、親と逸れたのかな?まだかなり小さいので、他の獣に襲われたらひとたまりもありません。鹿の食害は彼方此方で見ていますが、動物好きの私は心配で後ろ髪を引かれながら、「頑張れよ!」声をかけて帰って来ました。

コアツモリソウ②(富士山北麓)

前記事は、林道沿いで見つけたものですが、こちらは林の中に生えているコアツモリソウです。日照が少ないせいか、開花株は少しだけでした。

Ph_dsc04580

アセビの中に隠れるように生えています。どちらかと言うと窪地に多く、湿り気のある所が好きなようです。

Ph_dsc04491

風で葉の上に蕾が乗ったようです。

Ph_dsc04569

まだ少し早い・・。

Ph_dsc04572

この葉は、他と違って大きく丸みを帯びていました。

Ph_dsc04510

Ph_dsc04560

Ph_dsc04559

少し袋が膨らみ始めた蕾。

Ph_dsc04531

こちらは萼片が上がり始めていました。

Ph_dsc04528

Ph_dsc04526

また反則技を使って撮りました。

Ph2_dsc04503

Ph_dsc04504

他と雰囲気の違う花。葉の上に花が出ていました。人と同じで変わった奴もいるようです。

まだ雨が降っている・・明日は止んでくれないかな。

コアツモリソウ①(富士山北麓)

6月8日(金)、休日出勤の代休をとって富士山北麓へ行って来ました。目的は、コアツモリソウの花に再会する事でした。日照の良い所は、開花しているものもありましたが、まだ少し早い印象を受けました。今週辺りが丁度良いかも?

【画像処理ソフト】

私はブログやホームページに載せる写真を、Free softで縮小や加工をしていました。ところが、サイズを小さくすると画質が落ちてしまい悩んでいました。諸先輩のHPでは、小さなサイズの写真でも、とても綺麗に見えます。「やっぱりFree softでは駄目なのかな?」と言う事で、画像処理ソフトとして有名な「Photoshop」を見に行きました。「どれも高い!」いろいろ吟味して、数量限定で格安のものを買って来ました。

①800X600ピクセル、93,2KB ↓

Ph4_dsc04655

②4608X3456ピクセル、312KB ↓

Ph2_dsc04655

ピクセルとファイルサイズの関係が良く分かりませんcoldsweats01

Photoshopは、かなり高機能なソフトのようです。何処まで使えるようになるか分かりませんが、頑張ってみようと思います。

Ph_dsc04650

上の写真は、こんな反則技を使って撮りました。だって、花が葉の下に垂れて咲くので、上手く撮れないんですもの・・sad

Ph_dsc04635

Ph_dsc04636

反則技を使わなければ、こんな状態です。

Ph_dsc04637

中には、もっと俯き地面を向いているものもあります。意地悪しているようですね。

今日は一日雨でした。でも、ちゃんと萌の散歩には行って来ましたよ。そしてこの雨の中、3時間だけ富士山南麓のイチヨウランに会いに行って来ました。また別のところで(新たに)開花株2本を見つけましたよ。そして、見頃のヒメムヨウランとも出会いました。

今年のイチヨウランの花とは、今日でお別れかな?明日は、天気の具合を見て探し求めた花に会いに行こうと思っています。

コフタバラン(北麓)

富士山北麓へ、コアツモリソウの観察に行った時見つけたコフタバランです。風が吹いて揺れる上に、薄暗い場所に生えていて上手く撮れませんwobbly

Dsc04710

こんな姿をしています。しかも小さな花です。

Ssdsc04710

シャープに加工して見ました。画像が歪み始めています。圧縮と加工・・良いソフトは無いものでしょうか?

Ssdsc04728


何とか花の形が分かれば・・。

Kt_dsc04730 髭のようなリップ(唇弁)・・蘭の花に見えるでしょ?

Ssdsc04701

Ss169

開花株は二株ありました(花数が5個と6個)。

Ss175

変わった形の葉です。

コアツモリソウの観察に行くと、こんな形の双葉が目に入って困ります。

ホオズキ

家の裏庭を見ると、見馴れない植物が生えて来ました。

026

2~3本生えています。

025

モードを変えて接近・・あっ、蕾が見える。

S018

こんな蕾です。そして、その下には・・。

S020

花が咲いていました。

Ss020

グレースケールに加工。最近、使い慣れない画像処理ソフトの練習中ですcoldsweats01

S021

更に接近。花弁の縁には毛が生えています。そして、もっと下を見ると実が生っていました。

S017

Ss022

この植物の正体が分かりました。ナス科ホオズキ属・・ホオズキでした。私が幼い頃は、どこの家でも植えられていたように記憶しています。でも、最近は見る事がありませんでした。

昨年だったか、家族が頂いて来たホオズキの実を、山野草の実生床に蒔いたのを忘れていました。懐かしい時代を、思い出させてくれる植物の一つです。

十六夜バラ

今日は良い天気です。それなのに、期待している週末は雨予報・・とっても辛いweep

我が家には、変わったバラがあります。花の咲いていない時期に見ると、箱根や富士山麓などに咲くサンショウバラとそっくりです。ところが、一重のサンショウバラとは全然雰囲気の違う八重咲きの花が咲きます。

【6月3日撮影】

196

花も蕾もサンショウバラとそっくりです。

198

217

287

紅色の花弁が見えてきました。

【6月8日撮影】

Dsc04757

281

一斉に咲き始めました。

269

サンショウバラに比べると豪華な印象の花です。

274

もっと、日照の良いところに移植した方が良いのかな?

284

夕方撮ったので、ストロボが発光。

このバラは中国原産で、サンショウバラとコウシンバラの自然交配種で、園芸種として販売されているそうです。

富士山麓のサンショウバラにも会いに行きたい!週末、少しでも良いから晴れて欲しい!

家に咲くバラ

野山の花にばかりに目を向けていると、せっかく咲いた家の花達がへそを曲げてしまいます。

今日は、父親が残したバラの花を集めてみました。

261

私の気まぐれで、何度も剪定(迫害)されている蔓バラです。でも、今年も頑張って咲いてくれました。

097

どの花も名前は分かりませんcoldsweats01

267

270

このバラは、剪定をし忘れて私の背丈を遥かに超えています。花芯が見えない・・。

137

比較的気に入っているバラです。五葉アケビの蔓が絡みついていました。

140

ぎゅうぎゅう詰の花弁が特徴です。

146

玄関前に咲く黄色のバラ。毎年綺麗な花を見せてくれます。花言葉は、「嫉妬」「薄れゆく愛」・・何というか可愛そうですね。私は気に入っている花なのですが・・。

149

横顔も美人です。

次の記事では、そろそろ咲いているであろうサンショウバラの仲間、十六夜バラの記事です。以前は、八重咲きのサンショウバラだと思っていました。

ベニバナヤマシャクヤクを求めて②

6月10日は、一週間前と別の場所を探索して見ました。ここでは、日当たりの良い場所に生える株が沢山見つかりました。

本来は、ヤマシャクヤク(白花)と違い、このように日当たりの良い所を好む植物なのかもしれません。それは、教授くださった先輩のメールからも伺えます。

S_dsc04859

すらっとした美人四姉妹です。


Dsc04858

日当たりの良い場所だと分かるでしょ?

175

この美人四姉妹は、全て蕾を付けていました。

Dsc04857

上から・・。

166

167

こちらでは、5~6株並んで生えていました。

Dsc04851

ススキの隣に生えていた株。

Dsc04849

これも蕾を付けていました。

Dsc04845

日当たりの良い場所には、ススキとこのようなシダが沢山生えていました。このシダも、日照を好むタイプのようです。

前記事で、蕾を持った株が15本くらい見つかったと書きました。蕾の無いものを含めると、かなりな株数です。このまま、いつまでも生き続けてほしいと願っています。秘密の宝箱が、また一つ増えました。

ギンリョウソウ

【5月26日】

越前岳十里木口登山道脇

S011

今シーズン初めてのギンリョウソウです。

093

薄暗い登山道脇に、ひっそりと咲いていました。

【6月8日】

富士山北麓(富士河口湖町)

Sdsc04468

ここは、毎年沢山のギンリョウソウを見る事が出来ます。背を向けあっている・・喧嘩したのかな?

S009

S015

鱗状の萼片のような部分を鱗片葉と呼ぶそうです。この姿を竜に見立てて和名が付いたそうです。漢字で書くと銀竜草。

Sdsc04472

こうして並んで咲いていると、人の後ろ姿を思わせます。

【6月10日】

富士山麓某所。

Dsc04828

ストロボ無しで撮影。足長のギンリョウソウです。二本寄り添って咲いている所が良いですね。

Dsc04827

ストロボ撮影。

富士山麓等を探索するようになって、出会う事が多くなりましたが、以前は殆ど見る事がありませんでした。薄暗い林内に佇む姿は、人のいろいろな姿を連想させてくれます。

アオフタバランとヒトツボクロ

先週とは別の、ベニバナヤマシャクヤクの自生地を求めて、探索を行いました。そして、迷い込んだ樹海で見つけた野生ランの記事です。

Sdsc04759

赤松と広葉樹の林を抜けると、溶岩の目立つ林になりました。

【アオフタバラン】

Dsc04824

「どうも場所を間違えたらしい・・」元の場所に引き返そうとしている時、足元に生えていたこの小さな植物に気が付きました。もう少しで踏んでしまうところでしたcoldsweats01

Dsc04815

Dsc04814

「アオフタバランかタカネフタバランか?」落ち葉に乗っているような葉の位置から、タカネフタバランではなく、アオフタバランのようです。

【ヒトツボクロ】

Dsc04820

そしてそのすぐ近くには、この一枚葉の植物が生えていました。ヒトツボクロです。

Dsc04822

ストロボを発光して撮ってみました。このカメラは、ストロボの位置が悪いので、ちょっとコツが要ります。

この二種類の野生ランは、他では見つける事が出来ませんでした。これも山の神様のお導きだと思います。感謝!

【溶岩樹型】

野生ランではありませんが、特別出演です。

Dsc04832

溶岩の林から抜けるところで、穴を見つけました。

Dsc04830

円柱形の穴です。

Dsc04831

ストロボ発光で内部を撮影。井戸型溶岩樹型と呼ぶらしい・・。

未知の場所の探索は、いろいろな出会いがあって楽しいです。

ベニバナヤマシャクヤクを求めて①

先週見つけた、ベニバナヤマシャクヤクと思われる蕾の様子を見に行って来ました。短命の花を逃さないためには、毎週通うしかありません。

そして、今日は違う場所も探索してみました。蕾を持った株が、10株ほど新たに見つかりました。先週と合わせて、15株くらいになります。

122

萼片の一部が、捲れ始めて花弁が見えています。「白花ではない!」

128

接写。

172

違う所でも・・。

169

これも、見えている花弁は白くありません。

180

こちらも・・。

184

こちらも同じです。もう間違いないでしょう。ますます開花が待ち遠しいです。

そしてこの日、日照の良い所に生える株を沢山見つけました。白花(ヤマシャクヤク)ではあまり考えられないような場所です。後の記事でその様子を載せてみます。

別の場所の探索では、少々迷いました。でも、そのお陰でヒトツボクロ、アオフタバラン(と思う)と出会う事が出来ました。

今日も、山の神様に感謝です。

ヒツジグサの花

コアツモリソウの記事を書こうと思ったのですが、左官のプラ舟のビオトープを覗くと、ヒツジグサの花が咲いていましたのでこちらを先にします。

ヒツジグサは、未の刻(午後二時頃)花が咲くので、その名がついたそうです。でも、18時を過ぎても咲いています。おかしいですね?

001

仕事が終わって、帰宅してから撮ったのでちょっと暗めです。

002

もう少し接近・・。右の葉は、試験栽培しているミツガシワです。

008

横顔。隣に次の蕾が見えています。楽しみです。

005

ビオトープの中には、ヤゴ(トンボの幼虫)がいました。「おいヤゴ!メダカを食べていないだろうな?」

このプラ舟には、アサザ、ミツガシワ、コウホネ等が同居しています。そして春先には、ヤマアカガエルが卵を産みます。小さくても楽しいビオトープです。

不明な植物(富士山北麓)

北麓探索の主目的は、そろそろ咲いているであろうコアツモリソウでした。その群生地を越えて、昨年気になった植物に会いに行きました。群生地からは、かなり離れていますので、沢山のエネルギーを使いましたsad

Dsc04656

こんな、朽ちた切り株に生えていました。

125

この葉です。みんな一枚葉ですが、イチヨウランとは違います。

101

104

Dsc04628

同じような写真ばかり続いて恐縮ですが、少しでも鑑定に役立つよう載せてみました。

123

無関係かもしれませんが、葉の近くにこんな枯れ姿が残っていました。

Dsc04626

Dsc04631

周辺を捜しましたが、ここだけにしか見当たりませんでした。

Dsc04633

葉裏の様子です。ピンボケしてしまいました。葉をひっくり返すと、外れてしまいそうなので止めました。

この植物も、イチヨウランと同じく野生ランの香りがしませんか?どなたか名前の分かる方、或いは似た植物をご存知の方、教えてください。

コイチヨウランではないかと教えて頂きました。有難うございました。

ツマトリソウ(富士山北麓)

今日は、出社後特に問題も無いようなので、代休をさせて頂きました。土曜が仕事なので・・。向かったのは、一年ぶりの北麓某所です。

Dsc04453

途中で見かけたスギの木。枝を切るのも大変だったと思いますが、枯れてしまわないのかな?どうするつもりだろう?

Dsc04462

目的地に到着。まずは、馬頭観音様にご挨拶。

Dsc04463

ツマトリソウにもご挨拶。横には、ギンリョウソウが咲いていました。

Dsc04465

Dsc04466

横顔。

004

背景ボカシを効かせて・・。

Dsc04464

薄暗い所に生えていたのに、木漏れ日のスポットが当たりました。

002

006

この一角には、いっぱい咲いていました。ツマトリソウにお別れをして、主目的の植物に会いに行きました。

散歩の後の萌

家の周りの花を撮ったついでに、萌の写真も撮りました。「えっ、ついで!」・・萌が怒っています。

280

散歩が終われば大人しいものです。早朝から、思い切りエネルギーを使って散歩するので、疲れたようです。

277

「何しているんだ、この飼い主は?」

292

警戒態勢の耳。

289

戦闘態勢の尾。

288

近づくと、悪戯されると思って視線をずらします。

「おい、萌!」

305

「何?なんか用?」

暫らく見つめていると・・。

306

瞼が下がって来ました。

303

「あっ、寝ている!」「おい、お座りしたまま寝るなよ!」萌の表情を観察するのもも面白いです。

我が家の野生ラン

今日は、仕事関係の資格の更新講習でした。それがまたフルに一日・・眠たいのなんのって・・。

栽培棚や樹木に着生させた野生ランの花が咲きだしました。そろそろ友人から頼まれた調査もしなければ・・(内容は秘密ですbleah)。

【セッコク】

243

父親が、スギの木の輪切りに着生させた、セッコクが咲きだしました。今までは数個の蕾を付けただけなのに、今年は沢山の蕾がついています。

早いもので、今年7回忌になります。不肖の息子が、忘れない様に咲かせたのかな?

244

花が開くと良い香りがします。

266

249

こちらは、柘植の木に着生させた方です。ピンクの花が咲きました。昨年は、一・二輪だったと思います。

247

両方が、こんなに咲くなんて不思議です。

【シラン】

260

これも父親が庭に植えたものです。もう花も終わり果実(種)が膨らんで来ました。

265

こちらはシロバナの方です。白花は茎が赤っぽくないですね。

【ウチョウラン】

127

三島の楽寿園で、今週末からウチョウランの展示会が行われるそうです。山間の我が家では、もう少し先の開花になりそうです。

【フウラン】

102

マキの木に着生させたフウラン。園芸界では、斑入り葉やこのようなチャボ葉等の変異種をフウキラン(風貴蘭)と呼んでいます。

【ムギラン】

132

「盗掘か?」まぁ、違いますとは言い難いけど・・。浅間神社の裏山に落ちていたのを拾って来ました。自生の株はとても高い所に着生していて、こうして見る機会は殆どありません。

良く見ると、蕾が少しついていました。開花したら風に乗って我が家に住みついたヨウラクランと一緒に載せてみます。

レンゲツツジ

アシタカツツジの見頃も、あっという間に過ぎてしまったようです。今日は、父親が好きだった、レンゲツツジの花を集めてみました(植栽)。

Dsc04425

黄色とオレンジの花が並んで咲いています。

140

155

オレンジ系(朱橙)でも、良く見ると微妙に違う色をしています。

141

Dsc04432

中にはこんな濃い色の花も・・。

次は黄色系の花です。

142

Dsc04430

オシベは、5本。

144

137

私は、黄色のレンゲツツジをあまり見た事がありません。

145

虫が集っていました。蕾の内から食べられたら可愛そう・・。

昨年、北麓で見たレンゲツツジにも会いに行こうと思っています。でも、週末はまた仕事です。辛い・・時間が欲しい・・。

初めての森の植物観察(富士山麓)

ベニバナヤマシャクヤクを探索に行った森の(他の)植物観察です。

Dsc04278

行儀よく並んでいたこの葉は、クモキリソウかジガバチソウか?ジガバチソウは、葉に「網状の脈が見える」と書かれています。拡大して見るとそのようにも見えますが・・。花を確認に行くつもりですので、その時にご報告いたします。

Dsc04281

この一角に、30株ほど生えていました。

Dsc04271

このアスパラのような葉は何だろう?

Dsc04272

これは、クサスギカズラ属キジカクシで良いのかな?

Dsc04276

Dsc04352

斑入りのスミレは、フモトスミレかヒナスミレか?

001

こちらは、サクラスミレ?

Dsc04376

シャクヤクのような葉・・ルイヨウボタンです。

Dsc04377

花は終わり、小さな実が生っていました。

111

114

今年、出会い損ねていたチゴユリ発見!

116

ちょっと顔を起してもらいました。

Dsc04392

これは、トチバニンジンのようです。育毛剤に配合される事もあるそうですよ。

120

蕾がついていました。

Dsc04247

ササバギンランが生えていました。

ここは、季節を変えて訪れても、いろいろ楽しめそうなところです。

ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤク③(富士山麓)

蕾を持った株をまた見つけました。

100

ここには、二本並んでいました。

099

101

こちらはとても小さい・・。

Dsc04345

103

葉裏を見ると、毛がありません。今、蕾を持った株がベニバナだとすると「ベニバナの葉裏に毛がある」とは言い切れない事になります。

110


108

また見つけました。開花株(蕾を持った株)が、全部で5本あったと思います。

そして他に気がついた事は、どれも(白花の)ヤマシャクヤクに比べて丈が高い事です。ちょっと見難いですが・・。

Dsc04349

Dsc04362

Dsc04335

私が普段見ているヤマシャクヤクに比べて、どれも八頭身美人のようです。

諸先輩のブログなどを拝見すると、「同じ場所では、ヤマシャクヤクの後に花が咲く」と書かれていることから、今蕾を持っているこの株がベニバナヤマシャクヤクだと思います。そして葉裏の毛は、必ずあるとは限らないようです。また、丈もヤマシャクヤクに比べて大きく、萼片の縁が赤い・・等の違いがある様に思います。

Yamasyakuyaku_0508_3s

これが白花のヤマシャクヤクの蕾です。頭の葉は、白花でも付いている事があります。でも、縁の色は違っているでしょう?

私を信用して貴重な情報をくださった先輩と、今日も珍しい植物との出会いを与えてくださった山の神様に感謝して、ベニバナヤマシャクヤクの記事をお終いにします。あ~開花が待ち遠しい!

ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤク②(富士山麓)

続けて探索していると、小さな苗が彼方此方で見つかりました。そして、ちょっと大きめの株が見つかりました。

048

ちょっと丈が大きい・・。蕾は付いていませんでした。でも、これなら来年か再来年には花が見られそうです。

050

葉表の様子。

053

葉裏の様子。毛が生えています。

062

また丈の高い株が目に入りました。

088

近づいて見ると・・、蕾がついています!

065

067

まだ小さい。

093

萼の縁が赤い・・。今まで撮った白花と比べて、萼片の赤みが多く感じられます。

085

たぶん、これがベニバナヤマシャクヤクだと思います。

Dsc04338

葉裏を見ると、毛が生えています。そして更に進むと・・。

ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤク①(富士山麓)

今日は手持ち仕事もあり、午前中だけ山歩きして来ました。目的は、まだ見ぬ花「ベニバナヤマシャクヤク」との出会いです。ある方から情報を頂き、富士山麓某所へまっしぐら・・。と言っても初めての場所なので、少し不安でした。

ところで、ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤクとの違いは、どんなところがあるのでしょう?図鑑やWebに載っているものをまとめてみると・・。

【ヤマシャクヤク】

①花色は白色②メシベの花柱が少し曲がる③開花時期が紅花より少し早い④葉の裏面は帯白色

【ベニバナヤマシャクヤク】

①花色は淡紅色②メシベの花柱は5個、先が強く巻き込む③開花時期がヤマシャクヤクより少し遅い④葉の裏面に軟毛がある

こんなところですが、①は当然ですね。②のオシベの花柱は5個というのは誤りだと思います。西臼塚に、5個の白花が幾つか咲いていましたし、Web画像には3個の写真も載っていました。③の開花時期は、山渓図鑑では4~6月で同じですが、諸先輩のブログや園芸店のブログに「ベニバナの方が遅く咲く」と書かれていました。

④に関しては、本日確認してみましたが、開花時期の事と併せて考えると、迷ってしまいました。

Dsc04259

教えていただいた辺りを探索してみましたが、なかなか見つかりません・・coldsweats02。そこでメールの中にあった文章を思い出して見ました。「明るい場所・・」。付近を一周して、狭い林道の明るい場所に出てみました。

「あっ、シャクヤクだ!」今日初めて見たのがこの株でした。

Dsc04269

残念ながら開花株ではありません。そこで、葉の裏を見ると・・。

Dsc04260

細かい毛が生えていました。「これが、ベニバナヤマシャクヤクかな?」

ここまで結構時間がかかりましたので「開花株でなくても、出会えれば良い」と思っていました。「ヤマシャクヤクは群生するが、ベニバナヤマシャクヤクはポツリポツリと生えている」と聞きました。

メールには「付近の雑木林や薄暗い林には、ヤマシャクヤクは沢山ある」とも書かれていました。まだ出会っていない・・。そこで、方向を変えて探索すると・・。

034

花の終わった株が見つかりました。

032

メシベの花柱(種)を接写して見ました。「先端が強く巻きこむ」まではいっていないと思います。

Dsc04299

葉の裏を見ると、毛がありません。

開花時期と、葉の裏の毛を併せて判断すると、これはシロバナのヤマシャクヤクで、上がベニバナヤマシャクヤクだと思われます。

ところが、更に探索して開花していない蕾を持った株を数株見つけました。そこで上の青文字の疑問に行き着いたのです。

「今日の記事は、理屈っぽくてしょうがない!」・・初心者の戯言だと思って御笑覧ください。今日の観察を通して、自分なりにある結論を出しました。そして、その確認は花の色でしたいと思います。

まだ続きますcoldsweats01

沼川の草刈り

今日は、午前中に沼川水系の草刈りを手伝って来ました。午後は、持ち帰り仕事で一日終わりましたweep

Sdsc04228

日本大昭和板紙(旧大昭和製紙吉永工場)の近くを流れる川の様子。昔に比べてずっと綺麗になりました。

Dsc04220

北側を見た様子。天気が良ければ正面に富士山が見えます。

Dsc04216

南側を見た様子。

Dsc04221

休憩中の参加者。暑くて疲れました。

それでは、自然観察を・・。

Dsc04189

今日は大潮かな?かなり川の水が引いていました。カワウ、カルガモ、右端はマガモのように見えます。

Dsc04193

カタツムリがいました。

Dsc04212

Dsc04213

草を刈っていたら飛び出してきたカニ。すばしこいヤツです。これはベンケイガニで良いのかな?

Dsc04222

蝶 or 蛾?

Dsc04219

これは・・ネズミモチかな?

Dsc04217

葉が赤くないけど、アカメガシワの蕾。

Dsc04225

Dsc04231

ニワゼキショウが沢山咲いていました。ついでに・・。

Dsc04187

この花を見てください。アイイロニワゼキショウというようです。十里木の別荘地で見つけました。

のんびり散歩できる良い場所だと思います。この土手にヒガンバナを植えて管理する(ヒガンバナの)里親を募集しています。希望者の方はこちらへ→「NPO法人 ふじ環境クラブ」

※記事にコメントをくださった皆様、用事があって出かけて来ます。返信コメントは帰宅してから書かせていただきます。ご容赦ください。やまぶどう

紅紫色の花(越前岳)

越前岳で見つけた、紅紫色の花を集めてみました。

【ヒメハギ】

Dsc04003

十里木登山道の登り口付近に生えています。

070

112

小さい花ですけど意外と目につきます。

【トウゴクミツバツツジ】

Dsc03942

下界のミツバツツジより遅れて咲く、トウゴクミツバツツジです。

004

043

普通のミツバツツジは、オシベが5本なのに対して、トウゴクミツバツツジは10本あります。

【アシタカツツジ】

014

086

山頂付近に生えていたこのツツジ、たぶんアシタカツツジだと思います。

Dsc03967

080

トウゴクミツバツツジの花は盛りでしたが、山頂付近のアシタカツツジはまだ蕾ばかり・・。

Dsc03994

咲いているアシタカツツジを発見!でも、霧と逆光で上手く撮れませんweep昨年の写真を見てください。十里木別荘地のアシタカツツジは、今見頃だそうです。

趣味の果樹畑

野菜の次は果樹の様子です。

075

昨年植えたスグリも実が生っています。

077

黄桃の双子。

092

アーモンド。少ししか実が生りませんでした。

115

確か白鳳だったと思うけど・・。

084

三つ葉アケビの実です。自家受粉を嫌うと聞いて、複数本植えたら沢山実が生りました。

106

こちらは、五葉アケビかな?

085

キンカンの花。

096

実の姿も見えていました。

099

サルナシの花が沢山咲いていました。照れ屋なので、俯いてばかり・・。

104

128

キウイフルーツのメスの木。

131

こちらはオスの木。

Dsc03880

グミも沢山の実を付けていました。熟しても渋味があります。どうしたら良いのでしょう?

野菜も果樹も、成長を見るのが楽しいです。時々野生動物の餌になりますが・・。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »