2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« タチガシワ(富士山南麓) | トップページ | イチヨウラン開花(富士山南麓) »

2012年5月18日 (金)

ツチアケビ(伊豆市加殿地内)

今日は、仕事で伊豆市加殿(修善寺)へ行って来ました。そこで見つけたツチアケビの蕾です。

「こんな林の中で、本当に仕事かよ?」「本当です。某地震観測所が現場なので・・

【第一発見場所】

ツチアケビは腐生植物で、ナラタケと共生するそうです。今まで、雑木林で見て来ました。ここはヒノキの林です。ナラタケの菌糸が存在するのかな?

Dsc03563

まとまって、4本生えていました。

Dsc03559

開花するのはこれから・・6月になってからかな?左の奥には、シイタケのホダ木が見えます。この辺りは、シイタケ栽培の盛んな所ですから、朽ちた雑木の中にナラタケの菌糸が繁殖していたのかも?

Dsc03549

毛虫が集っていました。蕾を食べられてしまうと思い、駆除しました。珍しい植物に出会えた事を、神様に感謝しました。ところが、ここだけではなかったのです。

【第二発見場所】

地元の方の車に乗せてもらったので、助手席にいました。視界の中に、見馴れた姿が写りました。「あっ、ツチアケビだ!」ツチアケビは、蕾から花が咲き実が生るまで、一・二週間置きに通いましたので、ちょっと見ても気が付きます。

Dsc03595

Dsc03580

道路脇のこんなに日当たりの良い所に、7~8本生えていました。

Dsc03584

花を見に来なければ・・。

Dsc03585

Dsc03579

Dsc03577

右手が道路になります。地元の方が「これは7月までの寿命だよ」と話してくれました。「えっ、秋に赤いバナナのような実が生りますよ」「7月に町内で草刈りをするんだ」・・何と結実まで持たないそうです。もったいない・・。

昨年も草と一緒に刈り取られたから、エネルギーが余ってこんなに沢山生えて来たのかな?

ツチアケビは、腐生ランです。下のような綺麗な花が咲きます。

S_img_8609

S_img_8610

探索に行ったわけでは無いのに、偶然こんなに沢山のツチアケビと出会えるなんて・・。「山の神様・・あまり気前が良すぎても、不安になって来ます。」ほどほどでけっこうです。

« タチガシワ(富士山南麓) | トップページ | イチヨウラン開花(富士山南麓) »

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
そうですね。
興味の無い人にとっては、どんな植物も雑草ですから・・。
それに、絶滅危惧種でも、地主さんを困らせている植物もあります。
他の植物なら移植させてもらうのですが、腐生ランでは仕方ありません。

おはようございます。
ツチアケビの花はとても素敵ですね!
雑草と一緒に刈り取られるなんて 勿体ない!
きっと機械で刈り取られるのでしょうから
 ツチアケビだけ残す なんて事は不可能なのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツチアケビ(伊豆市加殿地内):

« タチガシワ(富士山南麓) | トップページ | イチヨウラン開花(富士山南麓) »