他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 小富士周辺の植物観察② | トップページ | ベニバナヒメイワカガミ(越前岳) »

小富士周辺の植物観察③

花の季節はもう少し先のようですが、いろいろな植物を観察出来て良かったです。スコリアの斜面で、頑張っている植物から・・。

043

スコリアの斜面で、一番目についたのがフジハタザオでした。

051

斑入りの葉を見つけました。幽霊斑?

054

蕾が沢山付いています。

056

イタドリの仲間。メイゲツソウ?

061

スゲの仲間・・コタヌキランで良いのかな?

068

逞しいフジアザミの苗。棘が痛い!

071

これはツバメオモトの赤ちゃんかな?

 

105

こちらでは、ツバメオモトに小さな蕾がついていました。

そして、アケボノスミレを思わせるような、淡紅紫の花が目に入って来ました。

072

075

花形も色々・・これはミヤマスミレだそうです。

Dsc03430

開花株は見つかりませんでしたが、シロバナエンレイソウも所々で見かけました。

Dsc03474

喘息の薬になるという、ズダヤクシュも蕾を付けていました。

111

ワチガイソウの小さな花も目を惹きました。沢を抜ける風でピンボケですcoldsweats01

Dsc03479

そして馬返しの林内で、シコクスミレの花も見つけました。

小富士~カモシカ沢~和製グランドキャニオン~馬返しの植物観察は、これでお終いです。お付き合い有難うございました。

« 小富士周辺の植物観察② | トップページ | ベニバナヒメイワカガミ(越前岳) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

yo-shiさん、お早うございます。
この場所にある多孔質の石粒(玄武岩)を言うそうです。
土壌をしめるためにまく溶岩を砕いたものを、こちらではザルボと呼んでいます。
ワチガイソウは小さな花ですが、白い花弁に黒い葯がよく目を惹きます。
実生の発芽率も良いようです。

ひとつご教示ください。
スコリアとは、この火山灰土のことを言うのですか?。初めて聞く言葉です。
ワチガイソウ、これも野草なのでしょうね。園芸用にしてもいいような可愛らしい花です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54804477

この記事へのトラックバック一覧です: 小富士周辺の植物観察③:

« 小富士周辺の植物観察② | トップページ | ベニバナヒメイワカガミ(越前岳) »