他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« マツノハマンネングサとアオベンケイ(富士山南麓) | トップページ | タケシマラン(富士山南麓) »

ヤシャビシャク(富士山南麓)

今夜も雨が降っています。雨降りだと萌の散歩が辛い・・。

多肉植物の次は、樹上に居候するスグリの仲間「ヤシャビシャク」の観察です。

Dsc03043

苔生す樹上を見上げると、大家のカエデ属よりも一足先に、葉が展開しているヤシャビシャクが見えます。

Dsc03031

ふかふかの苔に包まれて、厳しい冬を耐えて来たようです。

Dsc03038

こちらには、サロオガセの仲間が付着していました。居候の居候です。

Dsc03023

このカエデ属には、かなり沢山居候しているようです。

そして次は、目の高さで見る事の出来る株です。昨年の秋に見つけたもので、今年は花をじっくり見たいと思っています。

061


062

手を触れる事の出来るヤシャビシャク・・昨年は実を付けていました。悪いおじさんに見つからないよう祈っています。

Dsc03048

この葉の間に蕾が見えます。

076

ピンボケしてしまいましたが・・。

今年はこの場所へ何度通う事でしょう。季節毎の変化を観察するのも楽しいです。

« マツノハマンネングサとアオベンケイ(富士山南麓) | トップページ | タケシマラン(富士山南麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54721123

この記事へのトラックバック一覧です: ヤシャビシャク(富士山南麓):

« マツノハマンネングサとアオベンケイ(富士山南麓) | トップページ | タケシマラン(富士山南麓) »