他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« タケシマラン(富士山南麓) | トップページ | キノコ色々 »

ナベワリ(富士山南麓)

タケシマランの次は、ちょっと似た感じのナベワリの登場です。タケシマランよりも、標高500mくらい低い所で見つけました。5月4日の撮影です。

これもユリ科かと思ったら、ビャクブ科ナベワリ属だそうです。

230

葉の縦脈と縁の皺が特徴的です。

Dsc02700

この植物も、丈が低いので撮り難い・・。

Dsc02704

花の表情を見ようと、反対側から撮って見ました。

Dsc02705

低い上に下向きなので上手く撮れません。

244

マクロレンズで、反則技を使って撮りました。面白い花でしょ?

ナベワリは、葉が有毒で舐めると「舌が割れる」→「舐め割り」→ナベワリとなったそうです。最初に舐めた人は、どんな人だろう?

« タケシマラン(富士山南麓) | トップページ | キノコ色々 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

元気ばば様、今晩は。
コメント有難うございます。
何時どんな花と出会えるか分からない所も楽しいです。
ドキドキワクワクしながら探索しています。

花はあまり得意ではないのでわかりませんが・・・
山の中でこのような可憐な花に出会ったら嬉しいでしょうね。
ルンルン気分です

yo-shiさん、お早うございます。
私も数年前までは、気付かずに通り過ぎたと思います。
少しずつ、覚えていこうと思っています。
でも、名前が出てこないことが多くて、困りものです。

私などは山の中を歩いていても、気が付かずに通り過ぎたり悪くすれば踏みつけていきそうな花も、このように観察すれば立派なひとつの植物なのですね。
それにしても、珍しい形の花です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54728397

この記事へのトラックバック一覧です: ナベワリ(富士山南麓):

« タケシマラン(富士山南麓) | トップページ | キノコ色々 »