2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 須走口五合目付近 | トップページ | 小富士からカモシカ沢へ »

2012年5月24日 (木)

小富士

針葉樹林を抜けると、下のような光景が目に入ってきました。私にとっては、初めて訪れた場所です。

Dsc03376

Dsc03377

登山者が祈願で積んだ石だろうか?

Dsc03383

スコリアの地面が続きます。この辺りまで、4WD車が進入して貴重な自然を荒らしたそうです。当時の傷を残した樹木も見受けられました。傷が癒えるのには、長い年月がかかります。

S_dsc03384

パノラマで撮影。

Dsc03380

林を抜けて、振り返って見た富士山。

Dsc03391

少し下がって、小富士の標識と富士山。標高1,979mと刻まれています。

Dsc03379

右手を見ると、彼方に八ヶ岳が見えます。一昨年訪れた梨ノ木平の「山梨の木」や桜草の群落を思い出します。山梨の木・・まだ無事だろうか?

Dsc03390

眼下には、富士五湖が見えています。これは山中湖かな?

Dsc03382

Dsc03386

祠に祀られているのは?石像や祠の痛みが、風雪の厳しさを物語っています。

Dsc03395

小富士から見た山頂にお別れをして、砂走りを下ります。次は、高いところの苦手な私には、ちょっと怖い場所へ向かいます。

« 須走口五合目付近 | トップページ | 小富士からカモシカ沢へ »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小富士:

« 須走口五合目付近 | トップページ | 小富士からカモシカ沢へ »