他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« その他の植物(高瀬渓谷) | トップページ | ハシリドコロ(天子山塊の麓) »

果樹の花(安曇野)

名残惜しかったのですが、あまりゆっくりもして居られません。昼過ぎには、静岡へ向かいました。

Dsc02536

北アルプスの山々に、再会を約束して別れを告げました。

Dsc02539

水の張られた田んぼ。もう、田植えの終った所もありました。稲田を乱舞するホタルの姿が思い出されます。

Dsc02532

これは、松本駅~小谷~糸魚川駅まで走る大糸線です。一度乗って見たい・・。

安曇野では、果樹の栽培も盛んです。

Dsc02544

田んぼの脇に、いろいろな果樹が植えられていました。

Dsc02542

この枝垂れた枝を持つ果樹は何だろう?

Dsc02546

このいっぱい花の咲いている果樹も分かりません。

Dsc02550

Dsc02552

Dsc02551

Dsc02553

安曇野と言ったら、リンゴの花を欠かすわけにはいきません。我が家の果樹畑のリンゴは少ししか花を付けませんが、こちらはびっしり咲いていました。

Dsc02549

彼方の山を見てください。麓から山頂まで続く白いラインは桜です。安曇野に滞在した当時、麓から山頂に向かって白いラインが伸びて行くのを眺めながら仕事場に行きました。彼方此方懐かしい・・。

Dsc02568

安曇野スイス村で山菜をお土産に買いました。タラの芽、コゴミ、行者ニンニクそして目に入ったのが写真のカタクリです。そう言えば図鑑で「山菜として食べられる事もある」と書かれていたのを思い出しました。

安曇野滞在当時は、いろいろなものを食べさせて頂きました。食堂に入ればナズナのお浸し、そしてコゴミと行者ニンニクを初めて食べたのもその頃です。下宿先では、ジバチ(クロスズメバチ)の炊き込みご飯を頂きました。そして最も驚いたのがさなぎの佃煮でした。釣り餌の臭いが頭にあったので躊躇しましたが、折角用意してくださったので、思い切って食べてみました。釣り餌と言う先入観を除けば、結構いける味でした。

カタクリの葉も一袋買って茹でて食べました。美味しかったです。袋に入っていない状態で記事に載せたら、諸先輩等から非難を受けた事でしょう。

安曇野は、とても良いところです。皆さんも出かけてみませんか?

« その他の植物(高瀬渓谷) | トップページ | ハシリドコロ(天子山塊の麓) »

地域文化」カテゴリの記事

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

ロココさん、今晩は。
こちらではカタクリの自生地が限られているために、山菜として採れる場所が無いのです。
ですから、カタクリは観賞用のみになっています。
でも、自生できる環境を作ってやれば群生する植物ですから、山菜として栽培も可能だと思います。
行者ニンニクも栽培用に苗が売られていますが、高瀬渓谷の上流部に生えるような植物ですから、こちらでは上手く育ちません。
当時、現地の方が土嚢袋に5袋くらい採って来ました。
あるものですね。

今日も富士山麓では山菜とりの人を沢山見かけました。
ウドと間違ってシシウドを採っていました。
根まで掘って行く人がいるので、段々見かけなくなって来ました。
困ったものです。

キレンゲショウマさん、今晩は。
仕事で、安曇野に滞在した期間は短いものでしたが、思い出深い経験をいろいろさせていただきました。
工場のレイアウトに絡む打ち合わせを、若手の私にさせてくれた上司に、今でも感謝しています。
二度と経験する事の無い、大きくて難しい仕事でした。

静岡へ帰らず、毎日残業の続く私のために、現地の作業長が高瀬川へ連れて行ってくれました。
安曇野も、当時に比べてかなり変わってしまいましたが、まだ思い出の場所は沢山残っています。
また機会を見て、行ってみようと思っています。

やっと訪問できました、いつもルーズですみませんcoldsweats01
安曇野の響きってなぜか惹かれるます
バラにも、とても美しい安曇野って言うつるバラがあります。
その名前のついた地、いつか行ってみたい所です。
リンゴの花もちょうど見頃でしたね、やはり春はいいhappy01

カタクリを買って食べたとおっしゃっていたのですが・・・
写真を見て少しビックリです、妙高ではここまで大きくなったものは食べません。
せいぜい花が開く前までです、やはり所変われば・・・ですかねぇ。
そちらでは採って食べるのはタブーなんですか?
妙高では当たり前にスーパーや朝市で売っていますから
罪悪感なんて全くありません、山菜としての植物は別扱い?ですよ。
でもロココはあまり好きな味ではないので、人にあげても自分では全く食べません
「わたし採る人」ですcoldsweats01

 こんばんは!
懐かしい地へ行けば、その頃の想いが溢れて来ますね。
お花や景色と共に色々な思いが次々と湧きあがってきた事でしょうね。

私も昔、山へ向かう時は松本で夜行列車を待つ事が多かったので
信州は懐かしいです。

 カタクリ、美味しいですね! 新潟の友人に頂いて食べたのですが
ビックリしました。 こちらでは・・・・・とんでもない話ですね。

ジバチ・さなぎの佃煮・・・・・食べるにはなかなか勇気がいりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54618890

この記事へのトラックバック一覧です: 果樹の花(安曇野):

« その他の植物(高瀬渓谷) | トップページ | ハシリドコロ(天子山塊の麓) »