他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ユリワサビとアケボノソウ(天子山塊の麓) | トップページ | マメ科の花 »

スミレなど(天子山塊の麓)

最後に、ここで見つけたスミレなどを集めてみました。

Dsc01862_1

一見、アケボノスミレを思わせるような綺麗な花です。出始めた葉を見て、エイザンスミレだと分かりました。

110_1

108_1

横顔・・。このすみれは、彼方此方に生えていました。

073_1

これは、マルバスミレかな?

123

隣のスギ林の中には、こんな葉が・・。まだ、花を見る事は出来ませんでしたが、ナガバノスミレサイシンかな?

121_1

蕾がありました。一・二週後で、確認に行かなければなりません。

Dsc01863_1

フユノハナワラビの仲間。

Dsc01898_1

花は見れませんでしたが、ニリンソウの葉のようです。

141_1

大きな岩の陰に生えていたのは、ユキザサかな?

140_1

サイハイランも姿を見せてくれました。

Dsc01902_1

富士市では、富士山のある方角は北になります。長年住んでいると、先入観があるため、反対方向に見える富士山に違和感があります。

この場所での観察記事は、これでお終いにします。わずか30分ほどの探索でしたが、いろいろな植物を見る事が出来て幸せでした。また一つ探索する場所が増えました。山の神様、この日も有難う!

« ユリワサビとアケボノソウ(天子山塊の麓) | トップページ | マメ科の花 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54505838

この記事へのトラックバック一覧です: スミレなど(天子山塊の麓):

« ユリワサビとアケボノソウ(天子山塊の麓) | トップページ | マメ科の花 »