他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 春野の天狗 | トップページ | 春野すみれ展② »

春野すみれ展①

春野に行った目的は、天狗様との再会と今年で第22回になる「春野すみれ展」での見学でした。

Dsc01308

地場産品の販売もあります。

Dsc01284

こちらは、知人一家が作っている石ネコちゃんの販売ブースです。

Dsc01285

Dsc01286

見てください、このリアルさ。他にも花の描かれたペンダントなどもあります。最初に出会った頃から、かなり進化しています。

それでは会場へ入って見ましょう。

Dsc01250

いろいろな所に、地域の人たちの思いが感じられます。

Dsc01249

恒例となった春野高等学校吹奏部の演奏です。春野出身で宝塚歌劇団育ての親「故白井鐡造」氏の作詞した「すみれの花咲く頃」も演奏されました。

Dsc01276

このスミレは、若田光一さんと一緒に、宇宙を旅して来たすみれの種から繁殖したものです。「宇宙すみれ春野・希望」と命名されました。今年から一般販売するようになり、飛ぶように売れていました。

Dsc01275

春野の小学生が描いた宇宙すみれの絵です。

次は、展示されていたすみれの写真を集めてみます。ストロボ無しの上に手持ち撮影ですから、いつも以上のピンボケです。ご容赦ください。

« 春野の天狗 | トップページ | 春野すみれ展② »

地域文化」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

zeiさん、今晩は。
一本線の笑い目で描かれた石ネコちゃんも癒されます。
私は、一度すみれを描いた事があります。
細い筆で描くので、老眼にはきつかったです。
最近は、かなりハイレベルな作品になって来ましたが、もう少しシンプルな初期の作品も味わいがあって気に入っています。

こんばんは。
思わずなでなでしたくなる石ネコですね^^
以前やまぶどうさんから教えて頂いてブログの方にお邪魔させて頂きましたが
本当に可愛い石ネコたちがいっぱいでした♪
一度挑戦してみようかな?と思ってはみるものの・・・
う~ん、私にはちょっと難しそう^^;

tomokoさん、今晩は。
この石ネコは、ご夫婦と娘さんの三人で、各人個性的な作品を作っています。
リアルな目の猫は、一番後に描くようになった旦那さんの作品です。
クリスチャンだそうですので、裏には聖書の言葉などが記されています。
このすみれ展で、ストーンペインティングを体験した時知り合いました。
大変な事も多々あると思いますが、脱サラしてこんな生活も良いなと思いました。

こんばんは!
石ネコちゃん、すご~い!!  楽しいですね!  猫大好き人間なんです。

私、随分昔(20年もなるかしら)石に描いた猫が目にとまって、1個買って来たんですよ。
それをお手本にして家族で石に猫やその他の絵を描いた時期がありました。
お手本の石には裏にsachii(最後はiかどうかあやしい)って書いてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54422393

この記事へのトラックバック一覧です: 春野すみれ展①:

« 春野の天狗 | トップページ | 春野すみれ展② »