他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ムラサキケマンとミヤマキケマン(天子山塊の麓) | トップページ | ユリワサビとアケボノソウ(天子山塊の麓) »

ネコノメソウ属(天子山塊の麓)

ネコノメソウの仲間も沢山生えていました。

Dsc01875_1

Dsc01878_1

堰堤下で、水しぶきを浴びながら咲くネコノメソウ属の花。お日さまの方を向いて生きています。斜めだけど素直な植物ですねbleah

090_1

これはシロバナネコノメソウかな?「萼裂片は、白色で斜開し、先は尖る」と書かれていました。→ハナネコノメのようです。

092_1

これも同じ所に生えていたけど・・。同じ種類なのだろうか?

111_1

112_1

そして、堰堤から少し離れた林内で見つけたこの花は?

112_2

良く見ると葉に暗紫色の斑点があります。それに、上のネコノメソウ属よりずっと毛深い。

106_1

こちらは、イワボタンかヨゴレネコノメか・・。

107_1

ちょっと接近・・。

Dsc01891_1

横顔を・・。

Dsc01891_2

拡大して見ると、葯は暗紫色・・ヨゴレネコノメで良いのかな?

ご存知の方、教えてください。

« ムラサキケマンとミヤマキケマン(天子山塊の麓) | トップページ | ユリワサビとアケボノソウ(天子山塊の麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

bbhouseさん、今晩は。
コメント有難うございます。
登山道脇・・昨年は、ここからそう遠くない場所で、ヒトツボクロ、ジガバチソウ、クモキリソウ等の野生蘭と出会いました。
でも、カモメランは、まだ出会っておりません。
出会えることを期待して、探索をしてみます。

こんばんは
天子山塊と言えば、25年くらい前でしたが、、登山道の脇にカモメランがあったのを思い出しました。詳しい場所は言えませんが、まだ咲いているといいなと思います。

キレンゲショウマさん、お早うございます。
ご無沙汰しております。
先週の土曜楽しみだったのですが・・。
鋸歯の数でも区別出来るんですね。
萼裂片の形が、尖っているか丸いか等の区別も載っていましたが、基準とする形が分からないので判断が難しいです。
この場所、初めて行ったのですが興味深い所です。
スミレも似たものが多くて、良くわかりません。
図鑑を眺めながら、時間ばかり過ぎていきます。

 こんばんは!
わ~、凄いですね。
多分、最初のはハナネコノメだと思います。
シロバナは毛が多いと聞いていますので、もしかすると??
詳しい方のコメント是非伺いたいですね。
今日もハナネコノメを見て、友達と「シロバナネコノメも見たいねえ~」
などと話したばかりです。 葉の鋸歯数はハナ3~7、シロは5~9らしいです。

 イワボタンの葯は黄色のようですね。
ヨゴレネコノメ・ニッコウネコノメの区別がイマイチ・・・・・それ以外に候補が
あるのでしょうか? スミレもネコノメの仲間も悩ましいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54497786

この記事へのトラックバック一覧です: ネコノメソウ属(天子山塊の麓):

« ムラサキケマンとミヤマキケマン(天子山塊の麓) | トップページ | ユリワサビとアケボノソウ(天子山塊の麓) »