他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 生き残っていたシクラメン・コウム | トップページ | 富士山南麓探索②(大ケヤキ) »

富士山南麓探索①(ヒメシャラ)

萌の散歩を終え、いつもより遅めの朝食を食べて、近場の富士山南麓へ探索に行って来ました。

S_dsc00295

S_dsc00296

晴れたり曇ったり、雹が降ったりと忙しい天気でした。手袋無しでいると、指先が麻痺して来るような寒さでした。

Dsc00249

お気に入りのヒメシャラが、出迎えてくれました。

Dsc00309

そしてこのヒメシャラも覚えがあります。

Dsc00310

ここから雨水が入り・・。

Dsc00307

途中に穴が開き、苔が付いています。

Dsc00308

更にその下では、このように小さな穴が沢山開いています。中は、腐食して空洞になっているようです。

Dsc00312

上の穴をズームで撮ろうと近づいた時、鳥の羽のようなものが見えました。その主は、私と顔を合わせたと同時に、飛び去って行きました。

Dsc00304

その主が落して行った羽毛です。私は初めて、野生のフクロウを至近距離で見ました。残念ながら、オートフォーカスが間に合わず、撮る事は出来ませんでしたが・・。次回行った時は、気をつけて見ようと思います。

Img_8069

写真が撮れなかったので、富士国際花園で撮ったフクロウを載せました。

丹沢方面では、ネコノメソウが咲きだしたようですが、ここではまだでした。でも、ユリワサビの蕾やエンゴサク、バイケイソウ等の芽も出始めていました。間もなく楽しみな季節がやってきます。

« 生き残っていたシクラメン・コウム | トップページ | 富士山南麓探索②(大ケヤキ) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54200477

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山南麓探索①(ヒメシャラ):

« 生き残っていたシクラメン・コウム | トップページ | 富士山南麓探索②(大ケヤキ) »