2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 富士山の絵手紙① | トップページ | 渓流釣り解禁 »

2012年3月 1日 (木)

富士山の絵手紙②

富士山の絵手紙、続きです。

Dsc09830

宝永山が真横に見える富士山を描くのは、富士市に住んでいる人かな?

Dsc09832

Dsc09833
Dsc09836

Dsc09838

Dsc09839

この絵手紙展は、3月9日の夕方まで展示されているそうです。皆さんも見に行ってみませんか?今年は、ラジオやSBS、NHKのテレビでも紹介されました。

以前の記事にも書きましたが、ユネスコへ提出された「富士山」推薦書(暫定版)の構成資産・構成要素一覧には、我が富士市が載っていません。駿河湾から見た富士山は、表の富士山です。一覧を眺めていると、富士市でも加えてもらえるものがあるのでは?官民一体となって、もっとPRすべきではないかと思います。

« 富士山の絵手紙① | トップページ | 渓流釣り解禁 »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今晩は。
絵や字は、先天的な才が左右するような気がします。
私も同じく、苦手な方です。
でも、見るのは好きで美術館などでも飽きずにいられます。
私の父親は絵が上手でした。
走る馬の絵を広告の裏に書いて額に飾ってありましたが、本職さんの描いた絵だと思っていました。

こんばんは。
どれも素晴らしい作品ですね!
私は文字も絵も 超がつくほど下手なので
  (上手なのは何もないのですが^^;;)
上手な人が羨ましい限りです。
2番目の兄が絵手紙を書いているのを知った時
 (親が違うのでは???)などと思ったものです^^;
 

yo-shiさん、今晩は。
私も同じです。
でも、yo-shiさんには詩心があるから良いじゃないですか。
この企画は、何時までも続いていって欲しいと願っています。
宜しかったら、下記のブログも覗いて見てください。
仕掛け人の一人、富士美人さんのブログです。
http://fujibijin.blog24.fc2.com/

確か中学生の頃だったと思いますが、国語の授業で先生が「文はやりたし 書く手は持たぬ」という言葉がある。将来そうならないように勉強しろと言われたことが記憶にあります。
「あの頃もっと絵の勉強をしておいたらなぁ」とよく思います。
私には、「絵手紙か来たし 描く手は持たぬ」・・デス。
絵がすらすら描ける人と、楽譜のおたまじゃくしが読める人を尊敬しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山の絵手紙②:

« 富士山の絵手紙① | トップページ | 渓流釣り解禁 »