他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 畦道の植物観察② | トップページ | カタクリの花① »

タロウボウとジロウボウ

伊勢地方では、菫をタロウボウ(太郎坊)、エンゴサクをジロウボウ(次郎坊)と呼ぶそうです。そこで、我が家に生えているタロウボウとジロウボウを紹介します。

【シロバナヒナスミレ】

◇タロウボウ◇我が家の裏庭に、何処からかやって来たシロバナのヒナスミレ。もうかなりな歳月が過ぎました。このスミレは、とても珍しいそうです。大切にしなくては・・。

121

所々に、赤ちゃんスミレも生えています。

125

うっかり踏みつけてしまわないように、私以外は立ち入り禁止にしています。

110

蕾の付いた株もありました。花の写真は、もう少し後で・・。

【ジロウボウエンゴサク】

◇ジロウボウ◇この植物も裏庭に生えています。あえて植えたわけではなく、いつの間にか沢山生えていました。

090

早期の花は、緑がかっています。

106

102

開花から時間が経つに連れて、花の色が赤紫色に変化して来ます。変わった形の花でしょ?

スミレやエンゴサクの唇弁(下弁)は、膨らんで後ろに突き出しています。これを距(きょ)と呼んで、伊勢地方では子供たちが引っかけっこして遊んだそうです。私の住む地域では聞いた事はありませんが・・。エンゴサクはともかく、スミレは距が短すぎないかな?

今日は、良い天気を尻目に一日中仕事でした。雨なら諦めもつきますが、とっても辛いwobbly

« 畦道の植物観察② | トップページ | カタクリの花① »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/54308190

この記事へのトラックバック一覧です: タロウボウとジロウボウ:

« 畦道の植物観察② | トップページ | カタクリの花① »