他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヤマユリとウバユリの実 | トップページ | カンアオイの花(丸火) »

カエデとホウノキ

今夜は予報通り雨が降っています。比較的暖かい雨です。植物には恵みの雨ですね。

葉の落ちたこの季節には、今まで気付かなかった木が目に入って来ます。ここでは、大きなカエデ属とホウノキを観察して見ました。

【カエデ属】

Dsc09173

Dsc09172

通勤電車の中のように居並ぶカエデ属の木。根元を見ると・・。

Dsc09171

一本の木でした。もっと標高の高いところのカエデ属は、居候を沢山背負っていましたが、この木にはあまり見受けられませんでした。

Dsc09174

でも、樹皮を接写して見ると小さなコケや地衣類が付着していました。

Dsc09175

カエデ属は、繊細な小枝が綺麗です。

【ホウノキ】

Dsc09218

こちらも並んでいました。もっと離れて写すと・・。

Dsc09228

かなりのっぽな木でした。

Dsc09220

気になるコブを接写して見ました。癌腫病の一種かな?なんか可愛そうですね。

Dsc09224

枝先をズームして見ると、鞘に包まれた芽が春を待っていました。小枝の曲がりが多い・・。

072

株元に落ちていたホウノキの実と葉。ホウノキと言うと、製図板、版画の板などを思い浮かべます。どちらも昔お世話になりました。

« ヤマユリとウバユリの実 | トップページ | カンアオイの花(丸火) »

丸火自然公園」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/53921319

この記事へのトラックバック一覧です: カエデとホウノキ:

« ヤマユリとウバユリの実 | トップページ | カンアオイの花(丸火) »