2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 放し飼いの鶏 | トップページ | 福寿草 »

2012年2月12日 (日)

富士山南麓自然展

今日は、雑用が多く山歩きは出来ませんでした。その上、料理番が逃亡したので、近くのスーパーへ昼食のおかずを買いに行きました。ついでに、その近くにある大渕まちづくりセンターに寄って「富士山南麓自然展」を見学して来ました。

Dsc09440

富士山の溶岩流と河川の模型。大淵丸尾溶岩・・その南端付近から滝川が描かれています。滝川と言えば、下流域ばかり気にしていましたが、この模型を見て初めてその上流が何処なのか知りました

Dsc09429

かなり専門的な質問をされていた見学者の方。他に子供連れのお母さんがいました。子供たちも、地震の仕組みなどの説明を熱心に聞いていました。とても分かりやすい解説でした。

Dsc09434

同じ場所から、季節ごとに姿を変える富士山を捉えた写真。とても素晴らしかったです。

Dsc09432

こちらは野鳥の写真が展示されていました。

Dsc09438

今年はこの鳥に会って見たい・・。

Dsc09431

こちらは富士山麓で見られる植物の写真です。早く花の咲く季節にならないかな・・。

Dsc09436

火山の仕組みの模型。地震と火山の解説が、素人の私にも良く分かりました。

Dsc09424

溶岩と火砕流砂礫。

Dsc09426

縄状溶岩接写。

Dsc09427

真っ赤な溶岩流が想像出来るようです。

Dsc09422

Dsc09423

火山弾。そう言えば富士市の三日市浅間神社と富士宮浅間神社(後日アップ予定)には、大きな火山弾が展示してあります。

Oobuti_matidukuri

この展示会は、明日(2/13)まで開催されてます。開催時間は、10時半から16時で、富士地区地学会主催です。

近くの方は、見に行ってみませんか?何でも学ぶことは楽しいです。

« 放し飼いの鶏 | トップページ | 福寿草 »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

キレンゲショウマさん、お早うございます。
先生の解説が、とても分かりやすくて勉強になりました。
入り口に貼られていた絵地図を気に入りました。
探索の結果を、絵地図にしたら面白いと思います。
本当に花の季節が待ち遠しいです。

 こんばんは!
早くに見に行かれ、アップして下さったのですね。ありがとうございました。
I先生からやまぶどうさんがお見えになったと言う話を伺いました。

 私にとってはちょっと課題の残った部分があり、汗汗・・・・・でした。
早くお花の季節になるといいですね!

 
 

もこままさん、今晩は。
富士山麓を歩いていると、流れやドロドロ状態を感ずる溶岩を見かける事があります。
この二つもそんな感じですね。
地震と火山の噴火が怖い地域に住んでいますので、熱心に聞き入ってしまいました。

こんばんは。
縄状溶岩と次の溶岩は、神秘的な形をしていますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山南麓自然展:

« 放し飼いの鶏 | トップページ | 福寿草 »